日記: 1月31日 (2004年)

 友人が

 「松屋の豚めしを食ってみた。でもやっぱ、牛めしのほうがいいわ」

 というようなことを言っていたので、私も当コーナーのネタのために・・・もとい、興味に駆られて食いに行ってきた。

 行く前に、松屋のサイトを見て予習でもしようかと思い立つ。しかし、メニューのページを見てみたものの、写真が小さすぎて、どんなものだかわからない。むしろ豚めしのとなりの新メニュー「カレ・ブゥ」に唖然。

 「豚だからブゥか? メデテーな」

 という感じ。

 ともあれ、結局どんなものだかよくわからないままに、平和な土曜の午後のひとときを、こんなことで潰してもいいのかという一抹の不安を抱えながら、豚めしを食すべく、松屋へ向けて出発したのであった。

 行ってから頼むまでの起伏のない過程をここで述べても、何ら意味を持たないので、あっと言う間場面は「松屋で注文後」へ飛ぶ。

 出てきたそれは、牛めしと似て非なるどんぶりもの。ご飯の上に、煮込まれた豚バラ肉とタマネギが乗っている。色彩的には牛丼屋「どんどん」の牛丼に近く、色が薄く、白い。

 そして、食う。

 うーん・・・うまいじゃないか。

 味は、生姜焼きのタレと、牛丼のタレを足して二で割ったような、そんなイメージ。豚バラ特有の脂身のコクが、飢えた胃袋にジャストミート。私は上記友人とは違って、牛めしよりこっちのほうが好みかも知れない。うまい、うまい。

 脂身過多の豚バラ使用なだけに、牛めしよりカロリーが高いという、健康上の一大欠点を負ってはいるけど、個人的には牛めしがなくなっても、これはこれで全然困らない感じだ。

 ってなわけで、アメリカ牛の品薄に伴う牛丼屋代替メニュー戦争の中では、290円という価格も相まって、松屋は十分合格点だな、と思えるのだった。

 ・・・というか、吉野屋のカレー丼は高すぎ。あ・・でも、マーボー丼とかいくら丼はうまそう・・・。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。