日記: 10月30日(2004年)

 おととい予約したEQ2の、予約特典スターターキットが、早くも我が家にとどいた。夜発注。翌日返信メール、スターターキット発送。翌日到着。初めて利用するショップだったけど、ほぼ理想形に近い、素早いリアクションをするショップであることを確認して、ひとまずは安心だ。

 ・・・なのだけど、私用で明日の夜まで家を空けるので、これをいじくりまわせるのは、明日の夜中までお預けだ(これを書いているのは出先)。「大したものじゃない、1時間で飽きる」と友人は言うけど、やはりハツモノはワクワクするわけです、ワクワク。

 とりあえず出先まで、郵便ポストに入っていたスターターキットをわざわざ持ってきてはいるので、インストールできないまでも、開封して様子をうかがうことはできた。まあ、この中身については、いろんなところで、とっくの昔に明かされているんだろうから、細かく取り上げて説明はしないけど、少なくとも洋ゲー特有のニオイを発する、素敵な空気をまとったパッケージだったことは、久しぶりのフィールドへ戻ってきた感があって、なんともいえない快感だった。・・・なんか快感とか書くと非常に変態チックだ。

 で、添付文書によると、このスターターキット保持者には―

  ・前もってキャラを作成できる
  ・Jbootsがもらえる

―という特典があるらしい。特に二つ目が正直驚きだ。私がEQスタッフに抱いている印象では、彼らは有益なアイテムを、ゲーム内の行動以外でプレイヤーに与えることに、異常なまでの嫌悪感を抱いているはずだったのだけど、私が英語版EQを引退してから・・・4年?・・・の間に方針転換をしたのだろうか。

 とはいえ、特典を享受できる側である(ハズ)の私としては、特に文句があろうハズもない。喜んでゲーム開始後は、その特典を満喫してやろう。jbootsがゲーム開始時からあるというのは、EQ1の常識に照らし合わせれば、非常に便利なことに違いない。うえっへっへ。

 あとは、明日の晩にでも、スターターキットの目玉であるところの「キャラクターメイキング」をいろいろ試してみるとしよう。今のところ、ノームにするか、ハーフリングにするか、ってところでかなり悩んでる。ノームを若者風にカスタマイズすると、やたらイカスちびっ子になる、との情報が入ってるんだよなー。若いノームってなんか違う感じしちゃうけど、よほどイカかしてたらハーフリングを捨てて、ノームに走ってしまいそうだ。うーむ、なやむ。

 明日(か明後日)はキャラメイクの模様を・・・お届けするかもしれないし、しないかもしれない。
 
 
Jboots:EQ1で登場した「移動速度を増すブーツ」。かつてはこのアイテムをめぐって骨肉の争い・・・もとい地獄のNajenaキャンプが行われていたという、1999年時点での超人気アイテム。現在の人気度は知らない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。