FS: アイソレーション

 こないだからPFを休止させ、あらたにSFを育てだし、やっとLv15になったんだけど…

 まるでダメだ。

 野良での試合がつまらない。二日連続で、やらなきゃよかった、と思うくらいに面白くないプレイ時間を、延々と過ごしてしまった。もうプレイすればするほどイライラが募り、ゲームがストレス解消どころか、ストレス原となってしまう悪循環。

 つまらない試合の特徴は、
  1.味方チームがCFG
  2.GがSG
  3.パスの順路がG→C→Fの一方通行
といったところだ。

 この結果、多くの場合G→Cで完結してしまい、そのためFである私はオフェンスにまるで参加できず、よしんばCからパスをもらっても、Cからのパスでは中距離砲を撃つには不安がありすぎで、結局GやCに戻してしまう。そしてGはまた、なにも考えずにCにパス。どんなにFがフリーでも、パスの選択肢はC1択。CとGだけでオフェンスが進む。逆アイソレーション。

 やがて3分間ほどGからのパスがないまま走り続けた私は、もうさすがにマークを外す試みさえも面倒くさくなって、だんだん棒立ちに…。

 つ、つまらねえええええええええ。
 しかも、それでも勝ってるからさらにつまらねえええええ。

 オレら、負けやがれ! そしてオレの5分間を返しやがれ!

 …ぜーはー。

 しかしこれは、ゲームデザインの問題も大いにあるよなぁ。

 Cに放り込む単純プレイより、Fを使ったほうが圧倒的に有利、だというのなら、もっと大手を振って「頭使え、このアホGが!」という論調にもできるんだけど、実際問題FSというゲームのルールからすると、オフェンスにFを使うより、Cだけを使ったほうが安定することが多いのも事実なのだ。特に連携もクソもない野良だと、そして肝心のFが私程度だと、C勝負で勝てるならソレ1本のほうがいいとさえいえる。

 だから、まず間違いなく頭を使ってないだろうGに「頭使って選んだら、全部のパスの場合で、FよりCのほうが妥当だったんだよ」と言われると、反論のすべがないのだ。

 これは、まず「3秒ルール」がないのがでかいと思うんだよなー。ゴール下に永遠に居座っていられるせいで、成功率の高いゴール下からのシュートを打つのに、切り込んでいく必要がない。だから、ゴール下に、デン、と居座っているCに穴が少ないのは当たり前なのだ。

 「3秒ルール」があれば、まずCがゴール下に居座り続けるということがなくなる。となると、Cはローポスト近辺をうろうろすることになるけど、足の遅さ、ドリブルの未熟さがあって、安定した攻撃の主役ではなくなってしまう。そこで、Cよりは素早く、うまく、ゴール下に切り込み、また外からも攻めることができるFにも光が当たると思うんだけど……これは妄想に過ぎないわけで。

 うーん、現実は厳しい。

#もちろん、現状の「パスカットできない」「シュート成功率が高い」「進路妨害が容易すぎる」といったFSのディフォルメ仕様に、そのまま「3秒ルール」を適用してもダメなのは百も承知だケド。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。