GW: PvP初体験

 続々Guild Wars(GW)。

 ついに重要なクエスト(ミッション)を進行させ、レベル7にして荒廃したアスカロン(2年後)に漂着した。実質ここまで4時間。長いような、短いような。短いんだろうけど、1日の最大プレイ可能時間が4時間なので、長いように感じてしまう。

 で、ようやくPvPに参戦できた。

 RPパート(今までPvEパートと言っていたけど、GWではPvEを「RPパート」と呼称するそうなので、以下それに倣う)のアスカロンで行えるPvPは、コンペティションアリーナ(CA)での4:4対戦だ。コンペティションアリーナというのは、アリーナ内で「準備OK」みたいなボタンを押すと、同じように準備OKを押している人の中から、ランダムで8人が選ばれ、4人ずつ敵味方に分かれて戦うという、簡単マッチ。RTSのマッチングシステムなんかを想像するとすると、わかりやすいかとおもわれる。

 8戦やって、戦績は、負け、勝ち、負け、勝ち、勝ち、負け、勝ち、負け、の4勝4敗。8戦目で惜しくもテスト期間が時間切れとなった。

 うーむ。これは、結構面白いなー。戦術めちゃくちゃ、連携なし、スキル選択幅も非常に狭い、という超低レベルバトルながらも、4対4の殴り合いだけで今はそこそこ面白い段階だ。今後、スキルの選択肢も増え、標準的な戦術レベル(アシストするとか、食らったスキルの効果の把握とか)が向上すると、さらに面白くなりそうな気配がある。

 火曜からはPvPモードも導入されることだし、少なくとももう少しは、楽しめそうだ。

 それにしても、E/Wよええ…。勝ちは全部味方の力だ。


今日のビルド

 E/W ”あるもの全部”

 1. セバーアーテリー
 2. ガッシュ
 3. フレア
 4. ヒーリングシグネット
 5. スプリント
 6. レストレイションオーラ
 7. ファイアストーム
 8. リザレクションシグネット

 なんのコンセプトもない、持ってるやつ入れただけのビルド。てけとーに魔法撃って、てけとーに殴る。バックファイア入れて安心してるメスマーを殴りに行くと、かなりびびってくれる。ただそれだけ。足手まとい感強し。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。