DDO: EW07「チキンハートの工夫」

 うがー! こないだのウィルス感染&HDDフォーマット事件以降のスクリーンショットが取れていないではないか!

 情けないことに、偉そうにTips的に「スクリーンショットのキーを変更すると便利」とか書いておきながら、自分自身が環境再構築の段階でそれをするのを忘れていたのだ。忘れていたくせに、変更したつもりで誤った撮影キーを押していたから、すっかり撮れていた気でいた。昨日、「旅の仲間」コーナーを作ろうとして、やっと気がついたよ。

 ってなわけで、前回の日記以降も、いくつかのクエストを進めたんだけど、一つとしてスクリーンショットが残っておりません。なので、画像から記憶を喚起・補完するということもできず、色々やったはずなんだけど、詳細にそれをお伝えできないという、楽チンな……じゃない、悲しい事態になってしまいまった。トホホ。

 (以下、ネタバレの危険はないけど、見たい人だけどうぞ)


 近況をお伝えしますと、現在やっとLv2になったところ。2、3人の小規模パーティをメインに、Harborのクエストを処理中だ。

 この規模でLv2: Longのクエストをすると、かなり緊張感のある、ギリギリの活動ができていい感じだ。ステルスで先行偵察→敵機発見→遠距離砲撃→ドッグファイトという、慎重なプレイを満喫できる。これだけ慎重にやっても、無損害クリアは本当にギリギリなのだから、DDOは奥が深い。

 DDOはよく「死んで覚えるゲーム」みたいな言われ方をするけど、だから死んでもオッケイだとは思いたくないんだよなぁ。むしろその逆で、死なない工夫、罠にハマらない工夫、混戦にならない工夫、要するに「損害を抑える工夫」を楽しむゲームだと思うのだ。

 死んでも生き返ることができること自体が「DMの慈悲」であって、やはり死なないのが基本だと思う(Rez Shrineまでは使う前提のバランスかもしれないけど)。いかんともしがたい状況ならまだしも、そんな工夫をただ怠っておいて、「死んで覚える」なんて言うのは、せっかくの「こんなにも工夫の余地があるゲーム」がもったいではないか。

 そんなわけで私は今日も、慎重なプレイで、周囲にレベル差を開けられるのであった。

 だが、それがいい。

DDO: EW07「チキンハートの工夫」」への4件のフィードバック

  1. boness

    死んで覚えるというか、失敗したら
    死ぬイメージがありますよねD&D。

    注文したけどいつ届くやら。
    届いた後にプレイ時間はあるものやら?

    返信
  2. Nez/蝿

    日本語版リリース決定のこのタイミングで参戦キタコレ。

    デスペナルティで経験地が減るんだけども、
    個人的にはリコールしたら1時間くらいは
    再挑戦不可くらいでいいと思う今日この頃。
    ひょっとしたら上のレベルでそんなことを言っていたら、
    本気でクリア不可能なのかもしれないけどね!

    しかし日本語版かー。
    出るまでに英語版をコンプし、かつ、
    それを半分くらい忘れたタイミングで出てくれると
    ベストだなぁ。
    さらにいえば、日本語版発売のタイミングで、
    拡張版も同時発売、なんかになるとモアベター。

    返信
  3. TM_R

    MMOは時間かかるのが多いから、
    手を出しにくいズラ。

    DDOはどうなんでしょかー?

    返信
  4. Nez/蝿

    DDOは…毎日1-2クエストづつやるくらいなら
    そんな時間がかからないかなぁ。
    時間がかかる、というのが
     1)それなりのところに到達する(レベルMAXとか)のに時間がかかる
     2)一回のプレイの拘束時間
    のどちらかにもよるけど、前者はぜんぜんかからないみたい。
    後者は、パーティを見つける能力しだいかなぁ。固定気味な友達がいるとか、そういうのも含めて。
    とりあえず、1クエストは長くても1-2時間くらいで終わるので、
    それ以上は「プレイし続けないといけない」という
    強迫観念を感じることはないと思われる・

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。