大自二教習: 10月1日 (2006年)

 ・大型自動二輪教習
  進度: 第2段階 5時限目
  天候: 雨(教習は室内)

 今日はシミュレーター教習。ゲーセンのバイクゲームを実車に限りなく近い操作体系にしたヤツを使って、バーチャルシティーを走り回るぜ! っていう回。法規走行の確認と、路上に隠れた危険の認知が目的だ。

 ってことで、ひたすらひたすら、他の教習生と交代で、仮想現実走行祭り。

 普通自動二輪のときは、走行をしたあと、他の人の走りっぷりをどう思うかを述べるというような、ディスカッションのようなものがあったり、100km/hで峠を走るような、無茶走行の難しさを試したりという、いろいろな展開があったものだけど、今回は違った。最初から最後まで、延々とバーチャルシティーで法規走行。ずーっとそれだけ。回を重ねるごとにステージが変わって、迫りくる危険も変わるものの、基本的に同類項なので、やっぱり3回目くらいからいい加減マンネリ化してくる。結局通算4-5回も走らされてしまったんだけど、飽きるわ!

 操作自体は、速度や回転数を体感しにくくて、ギアチェンジがぎこちなくなってしまった事をのぞけば、特に問題はなく操作できた。設定がすごく意地悪で、最後の高難易度ステージでは、3-4回事故ってしまったけど、まぁ人並みにうまくいったんじゃないかな。うまくいこうがいくまいが、ほぼ必ず先に進めるコマなんだけど、うまくいくほうがうれしいから、うまくいったとしよう。うむうむ。

 さて教習も残りあと2回。6月末から、ホントにのんびりペースでやってるけど、いよいよ先が見えてきたなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。