日記: 10月8日 (2006年)

 朝一でバイクにまたがりバイク用品店へ。冬用ジャケットの視察が主目的、修理後のバイクの乗り味の確認が副目的だ。

 2ヶ月ぶりのバイクで公道(厳密に言えば、バイクをバイク屋から引き取るときに、3分くらい乗ったけど、それは計算外)。果たしてどうなることかと・・・は、まぁ全然思ってなかったけど、案の定、台風一過もどきの見事な秋晴れの中、大変気持ちよく走ることができた。やや風が強くて、時折ハーフカウルが風をはらみ、車体が横に流されるような感覚があったけど、きわめてバイク日和の天気だった。

 さてバイクはというと、エンジンも一発でかかり、調子も好調。異音のようなものもなく、車体のゆがみのようなものも感じられない。拍子抜けするくらい、いつもどおりのヤツであった。問題なし。

 副目的を、順調にクリアしつつバイク用品店に到着。ジャケットの物色に移った。

 ・・・んだけど、うーん。これといったものがなかったなぁ。

 気に入ったデザインのものに限って、プロテクターがなかったり、やたら高価だったりする。いくつか、妥協できるデザイン・価格のものを見繕い、羽織ってみるも、ゴワゴワしていて不恰好かつ不自由。インナーにするには厚手すぎるパーカーを着て試着したのも失敗だったんだけど、あまりのゴワゴワ感に少し引いてしまった。

 とりあえず、もう少し時間を置いて、店の陳列が充実する頃に、もう一度見に行くかな? 減る一方だったら困るけど。

 ってことで、あまり収穫のないまま、私はバイク用品店をあとにしたにでした。

 主目的: 失敗
 副目的: 成功

 ってとこかな?

 予断ながら、その後、あまりに天気がよくて気持ちよかったので、そのまま甲州街道にでてひたすら西進し、テキトーに西国を目指してみた。突発ツーだ!

 ・・・と思ったんだけど、連休の中日でこの快晴だ。道路が混まないわけがない。甲州街道は高尾の1車線に変わるあたりから、シャレにならないほどの大渋滞を起こしていて、とてもツーリングを楽しむような雰囲気ではなくなっていた。それを見てすっかり萎えてしまった私は、結局そのままUターンして帰路に着いたのでした。

 さすがにツーリングにでるには、正午前では遅すぎたね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。