大自二教習: 10月9日 (2006年)

 ・大型自動二輪教習
  進度: 第2段階 6時限目
  天候: 晴

 次回はみきわめ。ということで、ひたすら検定コースをぐるぐる。

 コースを頭では覚えているんだけど、体が別の覚え方をしてしまって困った。スラローム→波状路→クランク、といかなければならないところを、スラローム→クランク、といってしまう癖がついてしまったのだ。なんか、スラロームが終わると、クランクに向かっちゃうんだよな、無意識に。これをなんと3回も懲りずにやってしまい、もう気分は、「鉛筆で書き間違えたところを消しゴムで消して、また同じ間違った文字を書いてしまった」時のそれだ。教習員も、呆れ顔で苦笑していた。

 でもそれ以外は、きわめてうまくできたよ。ろくに教わっていない波状路や、マシンのブレーキ性能で差が出過ぎる急制動も、卒検を通れる程度にはできた。ちょっと自信がついたかな。

 この調子で、みきわめ、卒検とクリアしていきたいところだけど、また次までに間が空いて、この好感触は忘れちゃうんだろうなぁ。あと2本だけど、気長に行きますか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。