大自二教習: 11月3日 (2006年)

 ・大型自動二輪教習
  進度: 卒業検定
  天候: 晴

 ドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキドキ。

 緊張メーターが完全にレッドゾーンに振り切れた状態で卒検スタート。

 第1、第3土曜日しか検定のチャンスがないと思っていて、検定は翌日の11月4日のつもりだったんだけど、よくよく調べてみれば、土日じゃなければ祭日も検定をやっているのだ。そのことに気がついたのは、まぁ実は前回の適性検査の結果を受け取りに行ったときなんだけどね。ってなわけで、最後の教習を受けた10/22から、ほぼ2週間のブランクをあけて、いよいよ卒業検定開始だ。

 今日卒業検定を受けたのは、大型4人、中型5人、小型限定解除1人の総勢10人だ。結構多い。

 その10人が二輪教習の集合場所に集まり、検定についてのレクチャーを受け、その後教習所の外周を1周だけ、体慣らしに運転をさせてもらったあと、いいよ検定開始だ。うーん、慣らしがたったの1周とは、ぜんぜん足りないんじゃないだろうか。

 とりあえず、慣らし運転で1周してみると、自分が笑っちゃうくらい緊張しているのがわかる。膝が笑ってて、ろくにニーグリップができない。これは・・・やばい。しかも、検定車は状態のいい車両を用意しているらしく、アクセルのレスポンスがえらくいい。ちょっとひねると、気持ちよく加速してくれる。ツーリングに行くんだったら、この車両は実に結構なんだけど、狭い所内を低速で走行しがちな検定では、状態が良すぎのオーバーパワー気味で、逆に課題のクリアが難しくなるように感じられた。

 慣らし運転が終わると、いよいよ順番に検定が始まった。私の順番は大型の3番目。しばらくはこの緊張状態のまま、順番待ちだ。緊張をほぐすべく、年齢の近そうな大型の4番目の人と会話をしてみたが、緊張のあまり話題が浮かばず、会話がすぐ途切れてしまった。

 うぁぁぁ、だめだぁぁぁ。逃げたいぃぃぃぃぃ。

 心臓の小ささが浮き彫りになる私。情けない。

 しばらくすると、1番目の人が予想以上に早く帰ってきた。どうも、どこかで検定中止レベルのミスを犯したらしい。かわいそうに。

 さて、世の中には他人のミスをみたとき、「自分も同じようにミスをするのでは」と、よりプレッシャーに感じる人と、「すでに失敗例があると自分が失敗しても恥ずかしくない」と、緊張を軽減する人がいる。見栄っ張りでプライドだけが高い私は、もちろん後者だ。「自分だけ落ちるのは恥ずかしいぜ!」という感覚をおおいに覚える器量の小さい性質なので、1番目の人には悪いけど、彼の失敗のおかげで少しだけ緊張をほぐすことが出来た。ありがとう、若人よ。

 しかしいざ自分の番が来ると、1番目の彼の尊い犠牲による精神安定効果も、あっさりと効力を失い、再び緊張の化身となってしまった。そして、早速その悪影響が一本橋で出た。

 「うぉ!」

 ニーグリップが甘すぎて、一本橋に乗り上げる段階で恐ろしく車体がぶれてしまった。一本橋なんて、大型二輪の教習開始以来、一回も転落はおろか、10秒未満で渡ったことすらほとんどない得意科目なのに、あわや脱落の危機。あわてて加速し、なんとかバランスを取り戻し、渡りきったものの、確実に10秒未満のひどい記録になってしまった。

 が、この失敗のおかげで吹っ切ることが出来た。

 続く最苦手分野の急制動を、規定の1メートル手前でスパっと止め、スラローム、波状路、クランク、S字を次々と乗り切る。法規走行、安全確認も、安全運転マニア(事故ったクセに)の私にとっては自然に行えるシロモノだ。スムーズに停車位置に車両を止め、適切な手順でバイクを降りる。

 一本橋以外は無難に乗り切った。よほどのことがない限りは・・・いけたはずだ。

 集合所に戻り、全員が走り終えて結果が出るのを待つ。

 そして結果は・・・

 合格!!!!!!

 イヤッッッッホォォォォォォォウ!!!!

 いやー、長かった。6月24日から4ヶ月余。合計日数133日。合計時限数12時間+1検定。1時限あたりの日数10.2日。1週間に1回以下のペースだったけど、なんとか最終回にまでたどりついたよ。

 あとは免許センターで更新手続きさえすれば、晴れて免許の大自二の欄にドットが打たれる。これで、市販されている二輪車には、ほぼ全て乗ることが出来る身分になれるわけだ。ふっふっふ。

大自二教習: 11月3日 (2006年)」への4件のフィードバック

  1. OGT

    うおお、Nezさんおめでとう!
    これからマシン選びが楽しいやね!

    俺もまたおっきいバイク買いたくなってきたな。
    最後に乗ったのは、夜中に脇道から飛び出してきた
    バカクルマに当てられて廃車になったCB750RRハリケーン...。
    へへっ、モニターの字が滲んで見えらぁ。

    も、も、もちろんNezさんは安全運転してねw

    返信
  2. OGT

    ち、違うもーん!十年落ちなのを譲ってもらったんだもーん!w

    ビッグバイクではなく最後の単車としては、RMX250Sだよーん。

    やっぱりお歳がしれ・・・ごほごほ。www

    オフロードも面白いんだけど
    最近は林道が激減してるからなー。

    大型はとりあえず中古から始めると気楽だよん。

    返信
  3. Nez/蝿

    オフロードはちょっと面白そうですねー、
    エキサイトバイク(違う)。
    オフロードやると、運転技術が上がるゾ、と
    教習所の所長がのたもうておりました。

    返信

OGT へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。