VGβ: TWβ09「ボンボヤージュ」

 βテストであんまり必死になってキャラを育ててもしょうがないだろー。

 という生来の根性無し魂を活かした怠け心を発揮して、早速別のキャラに浮気をした。

 今度作ったのは、私の中のVanguard種族ランキングにおいて、Gnomeと双璧を為す存在、Halflingだ。クラスはRangerにしたけど、こっちはこれといって特に意味はない。二刀流のモーションを見たかった、というのが最大の理由という、かなりいい加減な選択だ。

 さて、このキャラを作ったのには、上記の怠け心のほかに、もう1つ理由がある。β中にぜひとも試してみたかったことを試すためだ。

 すなわち、「大陸間移動」である。


 私の友人は、正式リリース後は、Qalia大陸でスタートする種族でプレイする予定らしい。あまり時間が合わないので、無理に同じ場所にいることもないけど、どうせなら同じ大陸で遊びたい(ちなみに彼とは、EQでは出身地が遠く、Lv30過ぎまでろくに遊べなかった)。

 そんなわけで、Qalia出身であるところのGnomeで最初プレイしていたんだけど、そのプレイ経験から「案外街道は安全」という感触を持つに至った。これなら、Halflingで始めたとしても、割とすぐに合流できるんじゃないだろうか。

 それを実際に確かめる旅に出ることにしたのだ。

 Halflingの故郷であるThestra大陸から、Qalia大陸に移動するためには、Thestra大陸の都市New Targonorから船に乗り、途中Ca’ial Brael(?)とやらで乗り継いで、Qalia大陸の都市Khalに渡る、という手順らしい。

 ってことで、まずはHalflingの故郷Tursh Villageから、陸路で南下してNew Targonorを目指すことにした。Lv5でウマもないので、ひたすら徒歩だ。

 出発後10分ほど。Thenwar’s Shieldという砦または関所のような場所に到着。

 中にはドワーフのNPCがたくさんいた。ここまでは、まるで安全。オートランで余裕。

 さらに10分ほど。河が三又になっている橋をこえたところで、The Village of Three Riversという、地形どおりの名前の村に到着。このChunkの名前にもなっているので、どれほど大きなところかと思ったら、笑ってしまうほどちっぽけだった。

 と、ここでトラブル発生。さらに南下を続けようと思ったら、次のChunkが未完成なのか、閉鎖されていたのだ。

 もう2つ南にいかないと、New Targonorにはつかないというのに・・・。

 どうしようかと思い、少し情報を収集してみたところ、New Targonorに陸路でいけないことへのエクスキューズとして、エルフの都市Leth Nuraeから、テレポーターでNew Targonorに飛ばしてもらえるように、期間限定でなっているらしい。

 ということで、ここで南下をあきらめ、目標をLeth Nuraeに再設定して、東進することにした。

 Renton Keepに到着。いろいろ調べたりしているうちに夜が明けた。視界が良好で気分がいい。

 もう所要時間はわからないんだけど、普通にいけば、1Chunkあたり徒歩で15分もみておけば十分なようだ。

 このThree RiverからRenton Keepあたりの道が、結構避けなければならない赤ネームが多かったんだったかな。唯一の難所だったような気がする。

 エルフの都市Leth Nurae到着。

 映画版指輪物語風エルフ都市。BGMまでEnyaのボーカル風で、どこまでも指輪。エルフの都市というと、非常ににぎわっているかと思ったんだけど、時間が時間ということもあって実に閑散としていた。

 ここの魔法学院のようなところから、New Targonorにワープすることができた。たぶん、β時限定機能かな?

 ちなみに、この街の中を流れる細い河(ドブ?)は、入ったが最後、ウォータースライダーのように街の外にまで流され、滝から遥か下界にまで叩き落されるので注意。割と楽しいから、一度は入ってみるのもいいと思うけど、戻るのが大変だ。

 VQの河は、水流がある。この点は新しい。

 New Targonor。この場合、都市名ではなく、Chunk名と捉えたほうがいいのかもしれない。ミニマップを見てみると、海沿いの出島のような場所だ。ここが都市New Targonorからどのくらいの距離なのかは詳らかではない。

 Leth Nuraeからここに飛ばされ、しばらくうろうろして待っていると、ワープして出てきた場所のすぐ横に船がやってきた。

 サイズ的には、EQのFiriona Vieに来る船と同じかそれ以下という印象。FP-BBMよりは大きいかなぁ?

 海上。実スケールで航行すると、航行時間がとんでもないことになるので、時間短縮のために古代のテクノロジーであるところのワームホールを通過する。

 ご都合主義万歳。

 どこかの島に到着(Ca’ial Brael?)。Kojan大陸(大陸?)の近くなのかな?

 海上交通の要衝らしく、Thestra行き、Qalia行き、Kojan行きの船のターミナルとなっている。

 島のQalia行きの船が出るとおぼしき桟橋。今回は、ここに3大陸の3都市にワープさせてくれるテレポーターがいた。

 船旅もいいけど、テレポーターに甘えて飛んでしまったよ。

 ってことで、Lv5ハーフリング、砂漠に到着。

 うーん、旅の難易度的には、たいしたことがなかったな。HPHのような致命的な難所がなく、死んでも比較的死亡現場に近い場所で復活するから、EQ経験者の目からすれば実に余裕だ。Lv5だったから、死んでも(死んでないけど)荷物を失うこともないしね。

 結論:友人とやることを考えたときに、スタートタウンが遠いという点は、深く考えなくてもよさそうだ。

VGβ: TWβ09「ボンボヤージュ」」への2件のフィードバック

  1. v

    船乗りましたが何というか泥船乗ってるような感覚もEQ1っぽいですのう。

    ハエさんどこの鯖いくのー?

    返信
  2. Nez/蝿

    サーバーかー。どこがいいのやら。
    日本人が多めのところが結局面白いと思うけど、
    それがどこになるやらわかりませんな。

    任せた!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。