VG: アルバム(2/9)「敗走」

 野良グループで、Temple of Dailukへ。

 写真は、庭にいたネームドっぽい巨大ガーゴイルとの戦闘風景。この後、見事に敗れ去り、再三リベンジを挑んだものの、その度に敗走を余儀なくされてしまった。恐るべしガーゴイル。分析するにどうやら、普通に戦力不足だったようだ。トホホ。

 とはいえ、敗れ去るまでにそれなりにいろいろなところを見ることが出来たし、初めての人々とのグループを楽しめたし、これはこれでヨシだ。幾度負けても明るい雰囲気の損なわれない、ナイスグループであった。

 ただ、まだ表層しかろくに見てないからなんなんだけど、どうもTempleはワクワク感が薄く感じるなぁ。Ksaravi GulchやChrysol Minesは、入り口から奥に行くにつれて、どんどん興奮が高まるんだけど、Templeはそういう心的効果が乏しい。ま、これは奥までいけてないから仕方がないのかなー。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。