日記: 5月8日 (2007年)

 カレーが好きだ。豚の角煮が好きだ。

 ・・・ということで、合わせてみた。のちにいう「か一号(カレー味の角煮を作ってみよう)作戦」である。

 つーことで、豚バラブロックを買ってきて、切って、焼いて、茹でて、灰汁とって、茹でて、灰汁とって、カレールーを入れて、煮て、煮て、煮て・・・ってやってみた。完全な思いつき調理。どうなるかは私にもわからない。

 すると、貧弱な換気扇環境下にしては無茶をしすぎたらしく、キッチンはカレー臭で大変なことに。もう味とかそういう問題じゃなくて、生活環境そのものがピンチだ。幸いキッチンと居間の間は締め切っていたので、被害はキッチンだけに留まったけど、その臭気に長時間当てられたせいか、完成した頃には「もうカレーはしばらくいらねーよ」っていう気分になってしまった。うーん、誤算だ。

 なので、完成品はまぁそれなりにうまかったけど、期待したほどの感動は、まるで得られなかったのでありました。しかも大量にできてしまい、消費するためにさらに飽き飽き度が増していくに違いない。とほほ。

 予想:
  学校給食のカレーの脂身みたいなものができるのでは?
 結果:
  味以前に部屋がカレーの香りになってしまった。うぎゃー。
 一応:
  味はまぁ予想通りのうまさ。

日記: 5月8日 (2007年)」への2件のフィードバック

  1. teltel

    けっきょく旨くてよかったですね^^
    それで食えなかったらシャレにならん・・・でもさ、その肉で普通にカレー作ったほうがうm・・・

    返信
  2. Nez/蝿

    翌日食ったらさらにうまかったよ!
    カレー飽き飽き度も一晩たって軽減してたし。

    でももう作らん。
    次は普通にカレーに同意。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。