MHF: シーズン1.5開幕

 MHF正式リリース後初の大型アップデートが行われ、「シーズン1.5」というなんだか中途半端なバージョンに突入した。「シーズン」というのが、季節が大きな意味を持つMHFにおける、バージョンの呼称らしい。

 さて、その新バージョンで現在までに私が知覚できた主な変更点は、

 1)ハンターランク(HR)の上限が上がった
 2)クエストが増えた
 3)アイテムも増えた

 といったところ。他にも猟団の部屋なんかも導入されたらしいけど、すこぶる評判が悪い上に、利用可能条件が厳しくて、私の猟団には使う機会がおとずれそうにないから、当面関係はなさそうだ。

 ということで、早速「新しいアイテムを得るための新しいクエスト」にいってきた。

 ただ、新しいクエスト、すなわち新しいボスモンスターを倒しにいくには、HRが51以上なければならない。しかし、私はシーズン1.5開幕段階で、まだHR50試験を突破しておらず、新しいコンテンツを楽しむことも出来ない状態だった。そこで、昨日今日の間に、同じような境遇の何人かの猟団仲間と協力をして、HR50試験を突破しておいた上での挑戦となった。

 その試験も含めて、この2日間で戦った(私にとっての)新しいボスは、ミラボレアス(50試験)、リオレイア希少種(金レイア。写真手前)、ティガレックスの3種類だ。久々にボスの雑感などを述べて、締めとしようと思う。

 ・ミラボレアス

 通称、黒竜。こくりゅー。転じておくりゅー(知人談)。最初「おくりゅー」が何を意味するのかまるでわからず、「奥竜?奥にいるのかな」とか思っていたのは内緒だ。

 HR50試験で戦うことになる黒い竜で、黒くて前後に体長が長い、トカゲのような飛竜だ。正直なところ、たいした動きもせず、堅すぎるということもなく、すごく難しいという感じでもなかった。だけど、回避するのが難しくない攻撃を、たまにでも食らってしまうと、そのたまの1撃の威力が恐ろしく高くて、事故死してしまう確率が非常に高いのが怖い。

 結局、参加者4人分で4回の試験突破は出来たんだけど、「HPが少ないようなので、事故死が3回起こる前に倒しきれた」という感じの勝利だった。強いような強くないような微妙なライン。サイコロを2つ振って合計7以上を出せ、というようなクエスト。

 7戦4勝3敗・・・かな?

 ・金レイア

 強くて硬いだけのレイア。基本的な動きや攻略法などはほとんど普通のレイアと一緒。ただし、戦うことの出来る場所が単一エリアの閉鎖空間で、しかも同時に桜レイアとも戦わなければならないクエストなのが厳しい。個体の強さというよりも、状況の厳しさが難易度を上げているクエストだ。もちろん両レイアとも上位水準の強さではあるのだけど。

 勝手知ったるレイア戦といえども、2匹を同時に相手にするとなると大変で、出来るだけ2匹ともを視界の中に収めつつ、隙を見て攻撃していかなければならない。警戒を怠り、片方の隙だけを見て攻撃をしていると、もう片方の突撃を食らってしまったりする。かなりせわしない周辺警戒が必要になるクエストだ。

 でも、その大変さを含め、ただでさえ楽しいレイア種との戦いが、さらにエキサイティングになっていて、かなり面白いクエストだった。1日に何回もやると神経が磨り減りそうなクエストだったけど、気合を入れて遊ぶ一戦としては、久々に傑作クエストだったと思う。

 2戦1勝1敗。

 ・ティガレックス

 シーズン1.5の目玉モンスター。駆けずり回るトカゲ。

 キャラクターに向かって高速の突進をし続け、たまに停止して少し石を投げたり、吼えたり、どついたりしたあと、また突進の繰り返しに入る。突進バカ。スト2でいうとエドモンド本田。ガロスペでいうとローレンス。

 基本的に動き続けるモンスターで、しかも突進と突進の間の隙が少なく、なかなか攻撃チャンスを与えてくれない。たまに停止しての攻撃モードにはいっても、妙に当たり判定が小さくて、攻撃を当てにくく、それでいて細かな動きごとに攻撃判定が大きくついているので、うかつに踏み込むと自損してしまう。少ないチャンスのための追いかけっこを強いられ、そのチャンスを生かすのも難しいという、比較的ストレスのたまる相手だ。

 また怒りモード時の攻撃力も高い。まだ1戦1敗なのでなんともいえないけど、基本的には多分強い。殴るチャンスが少なく、近寄るのも怖いという点では、ラージャンに近いものがあるけど・・・まぁラージャンよりは楽かなぁ? なんとなく、動きは読めるので怖さが薄いのが救い。

 とりあえず、近いうちにティガレックスは倒したいところだな! 求む、道連れ!

MHF: シーズン1.5開幕」への2件のフィードバック

  1. Chico

    その昔、黒龍クエが一部の権利を得た人しか貼れなかった時代がありまして
    求人区とかも当時はなく
    全体チャットで「黒龍@3」と募集をかけると
    みながこぞって参加表明したわけです。
    そのときに焦りすぎて「黒龍行く」が「おくりゅういく」になってしまったと…
    ラオもおなじく「あおいく」だったわけで
    チャットが「あおいく」「あおー」「あおノ」など意味不明ぎみチックに!
    何もかもみな懐かしい

    返信
  2. Nez/蝿

    なるほど。発生するべくして発生した呼称だったか。
    てっきりただ単に愛嬌持たせるための呼び名だとばかり。

    ということは、うっく、えろす、あざみ、いざみ、
    うらび、あさる、いあ、えお、あな、えいあ、えうす、
    おんすたーあんたーうろんてぃあ、なわけですね。

    任務了解。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。