EQ2JE: キンチョウしなかった

 今回はアカデチズムというグループ向けインスタンスに初挑戦してきた。

 アカデチズム・・・あんまり聞かない名詞だな。英語で書くとAcadechism。ジーニアスでも、電子辞書でも、Goo辞書でも引っかからない謎の単語だ。これはEQ語なのかな? 英語圏人ならわかる造語なのかな? はたまた実在するマニアックな成語なのかな? ・・・まあそんな由来はともかくとして、アカデチズムはクラッシュボーン砦の屋上に入り口がある、Lv60台のグループ向けインスタンスだ。

 私はここに来るのは完全に初めてでしかもMT枠、という先日NESTで大緊張を強いられたのと似たようなシチュエーションだった。だけど今回は前回とは違って、正直あんまり緊張はしなかった。それはなぜかというと今回は、知人とその仲間のグループに混ぜてもらった、という気安さがあって、「1回や2回や5回の全滅は大目に見てくれるに違いない(思い込み)」という公算があったからだ。

 そんなわけで、比較的のびのびとアカデチズムを進んだ。遊んでみた感触からすると、アカデチズムはNESTより若干雑魚が弱いという印象で、かつ、NESTよりも倒さねばならない敵は若干多いようだ。くだいて言えば、NESTよりもやや面倒くさいといえる。

 ただNESTよりも間違いなく熱かったのは、ラスボス戦だ。

 アカデチズムのラスボスは、かつてCCB遠征時に取り逃がしたAnbassador DV’inn、もとい、Emperor DV’innその人なのだ!

 (・・・と勝手に同一人物だと思ってしまっているけど、A-DV’innとE-DV’innは別人? 「外交官のDV’inn(固有名詞)」が「皇帝DV’inn」になったと今まで思い込んでいたんだけど、「DV’inn族の外交官」と「DV’inn族の皇帝」という可能性もあるのかな? 教えてえらい人!)

 この「ボスがDV’inn」というシチュエーション的な興奮に加えて、戦闘そのものも、初見の私にとっては苦戦を強いられるギミックが満載の、実にエキサイティングなものだった。単純な力押しが強かったNESTのボスにくらべて、「ひねりのある強さ」とでもいうべきものを持つDV’inn戦は、苦しくも熱い戦いだったのだ。

 かくして結構長時間にわたるDV’innとの死闘の末、何とか勝利を収めた我々は、なんだか微妙な報酬を手に、アカデチズムをあとにしたのでありました。

 祝DV’innの呪縛卒業。かな?

EQ2JE: キンチョウしなかった」への2件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    しもた!

    でも直すとこのコメントの意味がわからないことだし、
    このままにしよう。

    返信

Nez/蝿 へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。