WAR: ハロウィンが似合わない

 驚くべきことに、WARでもハロウィンイベントだ。

 数々のMMORPGをやってきたけど、WARほどハロウィンイベントなどという甘っちょろい催しが似合わないゲームもないと思うんだけど、実施されてしまったものはしょうがない。ならばどんなものかは確認せねばなりますまい。

 ってなわけで私が今回参加したのは、ハロウィンイベントという名目で設置されたPQだ。これはRvRエリア内に用意されたPQで、通常「XXXを何匹倒せ」となる部分が、「敵RealmのPCを何匹倒せ」となっている。そしてそれを両陣営のどちらかが達成すると、達成した陣営の領土近くにボスNPCが沸いて、倒せば抽選プレゼント箱がわくという仕組みだ。

 このPQの仕組み自体は、倒す対象がNPCではなくPCだ、と言う点をのぞけばただのPQでしかなくて、そもそもハロウィンとの関連が全くない、ただの殺伐イベントだった(版権元との関係もあってたぶんリアルなハロウィンぽさは出せないんだろう)。なんだけども、このRvR PQというエサのおかげで、わらわらと人が大挙してRvRエリアに押し寄せ、かつてないほどの規模でフィールドRvRが発生していたのが、なかなか壮観だった。

 両陣営40人以上と思われる数同士が、砦でもなんでもないただの街道でぶつかり合う。ある意味、WARで最も見てみたかった光景の一つだ。

 そんな期待の光景のなかに紛れ込んだ私は、ちょうど折りしもランク31という、Tier3最高レベルだったこともあって、吸い込み&AE連発の大雑把なプレイを、存分に楽しめた。

 ・・・のはいいんだけど・・・うーん。

 どーも充実感が足りないなぁ。倒した手ごたえもなければ、倒された悔しさもない。DAoCと違って、誰に倒されたとか、誰を倒したとかが、まったく強調されないからかな。このイベントに限らず、WARはどーもそのへんのモチベーションコントロールが甘いような感じだ。エンターテイナーとしての資質が不足しているとでもいおうか、引き込まれる要素が惜しいところでいつも足りない。

 ってなわけで、一方で新鮮で楽しいRvRをエンジョイしつつも、一方でそのRvRそのものに不安を抱くという、複雑なプレイ体験をしながら、この日はログアウトしたのでした。むーん。

WAR: ハロウィンが似合わない」への2件のフィードバック

  1. v

    DAoCではキルメッセージが全体で流れるから、良く見る名前の人は覚えますからのう。

    Albの暗殺者のアノ人とかHibの固定グループのアノ人とか。
    (MLF初期の話)

    返信
  2. Nez/蝿

    あれは必須ですよねえ。
    ああいう自己顕示欲をくすぐる仕様は、
    特にDPSクラスをやるような人には格好の餌なのに。
    報酬がない、名前を売れる仕様がない、
    と、ないないづくしのRvRでは・・・。

    WARにはDAoCの開発者の意見が
    ほとんど通ってないと確信する今日この頃。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。