EQ2JE: 対機械賢人

 ということで、今週末をもって新しくギルド<Sage Against the Machine>の末席に加えてもらった。このキャラでは、D、W、O、Tときて、5つめのギルドになる。なんだかんだでかなりのジプシーだなぁ。むう。

 SAtMは契約金なし、年俸出来高制の、成果主義を重んじる過酷なギルド(GL?談)だ。希望年俸額のジャムジャム5株に手が届くかは、私次第という事だろう。ガクガク。

 で、早速レイドに参加して、その感触を味わった。生意気にも今回のレイドだけを勝手に分析すれば、おんぶに抱っこ、というほど当方よりはるかに強烈なわけでもなく、かといって、私が必死にならないと足を引っ張ってしまうという危機感を感じるだけの力はあるというような、ちょうどいい感じの「少し上な」戦力に思えた。過度な重荷にならない程度の、適度な負荷を得ていくことができそうだ。

 ってことで、ギルド<Sage Against the Machine>の皆さん、よろしくお願いします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。