リアル生産スキル: 第2回

 まずは勉強。

 刃物の製作というと、赤熱した鋼を、トンカチでぶっ叩くというイメージだったんだけど、近代ナイフの製作は、ストック&リムーバル法という手法が主流らしい。ストック(原型)&リムーバル(削り出す)という名前のとおり、鉄板を型紙どおりに切り出して、削るという方法だ。切る道具と、削る道具さえあれば、誰にでも可能らしい。

 この動画では、電動工具を駆使しているけど、根性さえあれば、手動のヤスリでもなんとかなるそうだ。さすがに穴あけだけは手動では難しく、ボール盤がほぼ必須のようだけど、それ以外の部分は筋力と精神力でカバーができるようだ。

 ということで、私もこのストック&リムーバル法によるナイフ製作を試みることにした。

 想定している工程は、以下のとおりだ。

 ・道具、材料の購入
 ・デザイン(パクる)
 ・型紙作成
 ・鋼材に型をけがく
 ・けがき線に沿って穴を空けまくる
 ・穴を繋ぐようにして外形を切り出す
 ・外形を削り、整える
 ・ブレードを削りだす
 ・ブレード面を磨きまくる
 ・ヒルトの位置を決め、かしめピンの穴を開ける
 ・本体は焼入れ業者に出す
 ・ヒルトを削り、成形する
 ・焼入れから戻った本体を再度磨きまくる
 ・本体とヒルトを接合する
 ・本体とハンドル材を結合する
 ・ハンドル材を削り、成し、磨く
 ・刃をつける
 ・ナイフ完成
 ・牛革でシースをつくる

 うーん、メタルワーキング、ウッドワーキング、レザークラフティング、全てのスキルが必要とは、奥が深い。EQ2なら3キャラでやるところだよ!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。