EQ2JE: 次期拡張パック発表の件

 EQ2の次期拡張パックの内容発表が、米国で開催されたファンフェアであったそうだ。それによれば、拡張パックの名称は「Sentinel’s Fate」。その舞台となる場所は、オーダス島(Odus)らしい。

 率直な感想を言えば、ちょっと物足りない印象を受けるかなぁ。もちろんそれは、EQ1におけるオーダス島の狭さを知っているからで、EQ2のオーダス島が、規模感までEQ1のそれを引き継いでいるとは限らないんだけどね。でも、アントニカ、フェイドワー、オーダス、クナーク、ベリオス、の初期5大陸の中で唯一、「島」と呼ばれていることを考えると、例えばRoKほどの広さを持った拡張にはならないんじゃないかなぁ、というネガティブな想像を禁じえないのも、仕方がないといえる(・・・「島」ってSpellsにあったけど、これは公式な表現?まあここではそうであるとしよう)。

 ってことで所詮「島」だし、平面での拡張には期待ができない。
 ならば、あとは垂直方面での拡張に期待しよう。

 ・・・そう思うほどの才覚の持ち主も、EQ1に親しんだ当サイト閲覧者には、きっと多いはずだ。

 やはりオーダス島といえば、エルダイトのマッドサイエンティストどもが開けた大穴が思い出される。そこで、その深さを過度に妄想して、期待する方向でいくのがよいのかもしれない。

 そんな妄想の頂点は、やはりブレル・セリリスの治めるPlane of Underfootへの道になるだろう。そこまでやってくれれば、Sentinel’s Fateの規模感はゲーム的、面積的な規模はともかくとして、ロア的には過去最も「進んだ地点」にまで冒険者を導くものになるといえる。

 さらにさらに、それが契機となってPlane開放の流れになると、ロア的にはかなり面白い。500年前世代としては、「Planeは時の流れが違う」という設定が一番気になるところで、Planeで500年前のフィリオナ・チームが復活したらかなり熱いよなー、とか思ったりもするのだ。

 また、そこまで行かなくても、例えば古代兵器「バー・シアー」が次次次期くらいの月面拡張の布石になるとかしてくれても、それはそれで熱いものがある。・・・さすがにそんなトンデモ展開はないだろうけどね。

 ・・・まぁそんなこんなで、やっぱり新拡張と言われると妄想は尽きない。都合のいい「面白そうな展開」を妄想するだけで楽しめてしまう。実際のところはせいぜい、「PoUのハジっこに触れる」程度がせいぜいだろうけど、妄想するぶんには自由なのだ。

 うーん、つくづくEQが好きだな、私は。

 あ、そうそう、個人的には「なぜジャマイカンが宇宙人になったのか?」ってのもかなり気になるな!

EQ2JE: 次期拡張パック発表の件」への6件のフィードバック

  1. elice

    オーダス島(Odus)いえばやぱりThe holeしかおもいつかないね、水のなかもぐってROGがカギあけてなかに入った気もする。

    返信
  2. 入り口の岩壁がすり抜けて入れた思い出あるのう。
    エルダイトって宇宙人だったんだ・・

    返信
  3. Nez/蝿

    The Holeは実はあんまりEQ1ではいったことがないなあ。
    JEで少し行ったくらいかな?

    入り口すぐの土エレかなんかが妙に固くて、
    ちょっとそこでレベリングして帰った思い出がある。

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。