蘇英09: エジンバラ市街

 今回の旅行の主目的地、エジンバラ。

 スペルは、Edinburgh、だから、エジンバラというよりはエヂンバラ・・・というかエディンバラなんだろうけども、ここでの表記はエジンバラで通す。

 街全体に中世の風が残っていて、ファンタジーRPGが好きなような人にとっては心踊り続ける街だ。そうではない人でさえ、少しでもロマンのある人なら、ひとたび降り立てば、この街の魅力は十分に感じられると思う。

 日本の一部観光地にある「なんちゃって歴史的街並み」のごとく、極々一部分の街区だけ突然昔風、というような一種詐欺ともいえる、人工的な印象を受けることなどはもちろんない。新市街と旧市街が自然に接合されて、その双方に風格が感じられる、見事な造形美を持つ街だ。ちなみに世界遺産だそうだ。

 なお、訪問時のデータは下記の通り。ほぼエジンバラ、ロンドン共通。

 ・訪問時期: 9月中旬
 ・気温: 10~20℃
 ・服装: 長袖シャツ1枚に、ジャケット、スプリングコート
 ・1ポンド: 空港両替で160円
 ・500mlミネラルウォーター: 70~90ペンス
 ・小さいポテチ: 50ペンス
 ・1パイントのビール: 2.5~3ポンド
 ・フィッシュ&チップス: 6~9ポンド
 ・レストランのメインディッシュ: 12~18ポンド
 ・当然だけど現地の各種表記は全て英スペル(CenterはCentre等)

 各見所については、各項目で述べるけども、間違いなく訪問して後悔のない街だと断言できる。

 写真は↓


   

Waverly Bridgeからの眺め

随所にあるトンネル状の小道(Close)
   

新市街から見た朝の城

North Bridgeから見た夜の城と鉄道駅
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。