日記: 9月20日(2009年)

 現地より報告シリーズ、その2。

 とりあえず備忘を兼ねて箇条書きで。写真や詳細は帰国後にでも気が向けば。

 【昨晩】
 ・タクシーが来な過ぎる。20分待ち。要領悪かったのかなぁ
 ・ホテルは中堅価格だけども、なかなかひどい
 ・予約されてなくて、今晩だけダメダメルームに泊まらされる
 ・清潔さは普通
 ・タクシー待ちとホテルの予約トラブルでストレスMAXに

 【今朝】
 8:00~
 ・天気は快晴。朝の散歩で息を呑むほどの美しい風景
 ・朝食はビュッフェ。結構うまい
 ・ダイニングが上記光景を一望できるナイス立地
 ・この朝食で、昨日のストレスはだいぶ晴れた

 【今日】
 9:00~
 ・旧市街へ向かう
 ・ファンタジー色全開の町並みに感動
 ・バグパイプ&キルトのパフォーマーが普通にいる

 10:00~
 ・エジンバラ城は混んでいたが、さすがに美しい
 ・しかし内部はやはり混みすぎかな。無骨なだけに見所も少ない
 ・むしろ場内よりも、外からの威容がよかったかも

 12:30~
 ・昼食はThe Royal McGregorで名物らしいハギスタワーを頂いた
 ・正直うまかった。かなりうまかった
 ・でも量が多すぎて、後半は食事というよりも処理に
 ・給仕もおねーさんが親切でよかったと思う
 ・時間制限(?)でアルコールが出なかった
 ・しかし後から来た客は飲んでいたのでタッチの差かな?

 13:30~
 ・ホリルード宮殿へ
 ・わかりやすい日本語解説オーディオで見ごたえがあった
 ・外からの見た目はエジンバラ城、内部はホリルードが面白かったというところか
 ・内部は撮影不可だったので、三種の神器の写真が撮れず残念

 15:00~
 ・街を一望すべくカールトンヒルをのぼる
 ・この時点まで歩き通しだったので、かなりヘトヘト
 ・頂上付近では結婚式らしき催しに遭遇
 ・丘からの眺めはなかなかよかった

 16:00~
 ・ホテルで昨日のブッキングトラブルの後始末
 ・やっとこれで落ち着いた

 17:00~
 ・スコッチ・ウイスキー・エクスペリエンスで解説ツアーに参加
 ・ディズニーのホーンテッドマンションのような乗り物でのアトラクション
 ・その後、日本語オーディオ付きの解説
 ・さらにその後、試飲。
 ・選択制の試飲で、4地方の産地から私はアイラを選択
 ・アイラは非常に癖があるな。銘柄はラフロイグだったかな
 ・参加型のイベントが多く、全体に良いツアーだった
 ・付属の売店の価格は、免税店よりやや高かったのでスルー

 18:30~
 ・夕食はCreelers
 ・生牡蠣を食べたかったが、今日は入っていないとのことで断念
 ・サーモン、ホタテ、オヒョウ(カレイかも)を食べる。どれもうまかった
 ・ベストはホタテかな。付属のリゾットもうまかった

 【現在】
 20:00
 ・ヘトヘトになってホテルに帰還
 ・24時間で12ポンドのホテル回線でインターネットにアクセス
 ・高いけども、更新と情報収集には必要と言い聞かせる
 ・真の理由はネット依存症だけどな!

日記: 9月20日(2009年)」への2件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。