蘇英09: フルイングリッシュブレックファスト風ビュッフェ

 イギリスの朝食と言えばフルイングリッシュブレックファスト。概ね、ベーコン、ソーセージ、スクランブルエッグ、ハッシュブラウン、トースト、焼きトマト、焼きマッシュルーム、フルーツ、シリアル、などなどで構成された、朝から食うには非常にボリュームのあるメニューだ。

 今回の旅行の朝食は、全てがこのフルイングリッシュブレックファストを構成する食品が中心となった、ホテルのビュッフェで摂った。

 ビュッフェになると取るものは自分の好みに偏ってしまうので、いつも同じようなものばかりになってしまったけど、「イギリスで美味いものを食いたかったら3回朝食をとれ」というように、毎日大きく外すことのない、安定した(そして重い)朝食をとって、一日のスタートを切ることができた。

 食ったものと、その寸評を述べておこう。

 ベーコン: 厚めにスライスされたものが焼かれて出る。干からびているのでは、というくらいこれでもかと焼かれていて固い場合が多い。それをかみ締めて出る肉汁が美味い。

 ソーセージ: バンガーズといわれるイギリス風のソーセージ。豚肉にかさ増しのための小麦粉、それにスパイスやハーブが入っている。いわばなんちゃってソーセージ。ソーセージへの侮辱。ドイツ人が憤慨しそう。でも私はこのソーセージが大好き。なにに近いかと言えば、朝マックのソーセージに味は近いと思うので、朝マックファンにオススメ。

 ブラックプディング: 豚の血の入ったソーセージ。食感がネチョネチョしていて粉っぽい。豚の血に抵抗はそんなにないけど、おいしいとも思わなかった。

 卵料理: スクランブル、目玉焼き、ともに日本で食うのと変わらず。

 焼きトマト: ピザの具としか思えない。まぁまぁ。

 焼きマッシュルーム: 同上。

 ハッシュブラウン: 朝マックでいうところのハッシュドポテト。前にも書いたけど、この国の揚げイモ系の美味さは異常。

 トースト: 超薄切りをカリカリに焼くスタイル。大好き。でもマーメイトをつける勇気はなかった。

 ポリッジ: スコットランドの燕麦の粥。オートミールの親戚というか同じもの? 美味いもんではないと思う。

 紅茶: 安くて美味い。水のように飲んだ。

 基本的に、肉と炭水化物ばかり食った。フルーツやシリアルもあったけど目もくれず。栄養バランスよりも、自分の好みを優先する!

 写真は↓ (※食べ物編の写真はピンボケばかりです)


   

エジンバラのホテルの朝食

ロンドンのホテルの朝食
   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。