日記: 5月4日(2010年)

 ゴールデンウィークは毎年これといって何もしないんだけども、今年もその例に漏れず、派手なことは何一つしないゴールデンウィークとなった。

 とはいえ、ちまちまとしたイベントはこなしたので、記録しておこう。

 まず、おもむろに内職を開始した。記録半ばで止まってしまったナイフ作りの第2弾を開始したのだ。

 せっかく作成器具をそろえたからには、もうちょっと使ってやりたいと常々思っていたんだよね。ゴールデンウィーク中は、遠出をするには人ごみや渋滞が億劫だけど、それだけにこういう、「出歩かないでいいけど、まとまった時間が欲しいコト」をやるのには適している。だから、やるなら今しかないな、と考えた次第。

 で、1日かけて「デザイン」「ケガキ」「穴あけ」「切断」までを処理した。あとはひたすらヤスリをかけてかけてかけまくるのみなので、暇なときにちょいちょいと進めよう。

 ちなみに、前作のハエナイフ第1号は、外観はともかくとして実用レベルのものが出来上がっており、封筒を開けたり、糸を切ったりといった、テーブルナイフとして活躍している。切れ味が良すぎて、一度見事に指を切ったほどだ。取り扱い注意。

 また別の日には、ミシュランで星を取って以来大混雑の高尾山を登ってきた。タイヤ屋に評価されたくらいで、こうも人手が変わるとは、世の中案外単純にできている。

 京王高尾山口駅は、午前8時の新宿駅もかくやという超絶な込み合いっぷり。駅からロープウェイ駅までは、人の頭ばかりが見える。そしてロープウェイも1時間以上待ち、というこの世の地獄が展開されていた。

 とはいうものの、私ははじめから2本の足で登るつもりだったので、駅の混雑はともかく、ロープウェイの混雑は関係がない。サクサクと登り始め、まぁ、ちょっとつかれたものの、所詮は高尾山か。山頂直前のベンチでおにぎり休憩を挟みつつ、2時間弱で山頂にたどり着いた。

 予想通り、山頂は足の踏み場もないほどの混雑っぷり。2、3軒ある茶屋はどこも長蛇の列ができていて、そのほかのベンチ類も席が少ない。うむ、途中でおにぎりを処理して正解だった。

 ってことで、山頂には用はない。登りきったという満足感だけで十分なので、そそくさとまた登山道を下山し、半日ハイキングを終えたのでした。

 あー、なんで山登りで食うおにぎりはこうもうまいのかね!

 最後に、バーベキュー大会。・・・に参加をしたんだけども、開始2時間ほどで頭痛が! 別にそんなに飲んだわけでもないので、単純にいつもの頭痛になっただけのようだ。

 ってことで、早々にバーベキュー会場から一人脱出。とぼとぼとゴールデンウィーク最後のイベントをふいにした気分になりながら、家路に着いた。くそう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。