ヘルニア闘病記: 10.入院10日目/手術5日後

 手術部位の回復具合を確認し、問題がないと判断されたため、3度目の羞恥プレイを迎えることなく、手術後5日目にして、いよいよ自立を許された。待ちに待った瞬間だった。

 が、長らく寝たきり生活だったため、筋肉が弱ってしまい、すぐに自立することは出来ないらしい。そこで車輪つきの歩行器が用意されての、ものものしい自立となった。どうやらただ立って歩くだけでも大仕事らしい。

 しかし、自分的には少しこのものものしさに違和感を感じていた。正直、「普通に立って歩けるよ」と思っていた。

 先生に言われるがままに、ベッドの上で上半身を起こしてみる。「どう?気分悪くない?」などと聞かれるが、気分が悪いわけがない。夢にまで見た直立の世界だ。東京タワーの上からみるよりもいい眺めだった。サイコーの気分だ。

 全然余裕であることを伝えると、今度はゆっくりと床に立ってみよう、と言うことになった。まずは手術前に採寸し、私の胴の形にフィットするように作られたコルセットを装着する。そして足を床に下ろして、ベッドに腰掛ける形になる。問題ない。さっとそこへ歩行器が用意されるが、そんなものが必要とは思えなかった。

 すくっと立ち上がる。まるっきりふつうに立てた。「あれ?大丈夫?歩ける?」などといわれたので歩いてみるが、当然のように歩ける。そして・・・脚が痛くない。すばらしい。もう有頂天だ。

 調子に乗ってすたすた歩く。あわてて歩行器を引きずって看護婦が付いてくるが、そんなものは要らない。感動に水を差すな。ひとしきり歩いて、先生の下へ戻った。

 先生は少し意外そうに私をみて「普通はいきなりそんなに歩けないんだけどね」と不思議そうに言った。でもなんとなく私には、私が歩ける理由がわかる気がした。要するに、私にはもともと落ちる筋肉がさほどなかったのだ。だから普段から少ない筋肉で歩くテクニックが身についていたに違いない。多少筋肉が落ちたところで普段通りなのだ。筋力10の人が3に落ちれば大変だろうが、もともと筋力4しかなければ3になってもギャップが少ない。情けない気もするけど、たぶんそういうことだと思った。だって、ここ半年くらい10分と歩けない体だったのだから。

 そして満を持して、自力でトイレに入り、心ゆくまで排便をした。洋式トイレの個室が、帝国ホテルのスウィート・ルームのリビングに思えた。

 入院は山を越えようとしていた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。