ヘルニア闘病記: 11.入院11~19日目/手術6~14日後

 歩けるようになった次の日から、リハビリ生活が始まった。

 リハビリの内容は大きく分けて2種類で、1つは腰まわりの筋力の強化。筋肉を天然のコルセットとすることで、手術部位の保護と再発の防止を図る。もう1つは脚まわりの柔軟で、長いこと稼動していなかった左の足や脚の関節をほぐす。

 ワタクシ、自慢ではございませんが筋トレのたぐいが大嫌い。なので、結構このリハビリ生活はつらかった。「ゆっくり途中まで上げる腹筋を5回」とかいう程度の運動量だったと思うんだけど、なまった体ではそれすらも最初は苦痛だったのを覚えている。

 でも、1日1時間程度のリハビリと、1日1時間の点滴の時間以外は基本的に何もすることがない入院生活では、リハビリの時間はやることが明確なだけ、まだしもマシだった。それ以外の時間は自由ではあるんだけど、やることもないので、とても暇な日々だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。