RIFT: 生産などの記録

 珍しく生産をした。簡単にリターンがありそうだ、というのが多分唯一のモチベーションだと思う。最終的には、Lv23以降の素材(Iron、Silver)が入手困難で、そこまで熱心に生産ばかりをできない私としては成長が止まっているんだけど、ここまでは割りと早くに生産を上げた人だったように思う。

 RIFTの生産は簡単だ。素材を持っていて作るだけなら、個数をセットして、製作開始ボタンを押せば、自動的にその個数分作ってくれる。スキルあげのための反復作業がほぼワンクリックで容易い。また、スキルの上がりもいい。一番難易度の高いものを作っていれば、一回の作業で必ずといっていいほどスキルが上がる。

 生産に妙なミニゲームを導入して、無理にゲーム性を求めるようなことをせずに、生産でゲームの他の部分のゲーム性を損なわないことを第一義にしているように思える。生産嫌いの私からすればナイス判断、英断だと思う。

 そんなわけで、RIFTでは生産のスキルあげに伴う苦痛がほとんどない。狩りのついでに20個ほども素材を取ってくれば、10やそこらはスキルを上げることができてしまう。だから、私でも上げる気になって、上げた。

 またそうして出来上がった生産品が、比較的実用的なのもモチベーションが上がる。そのレベルでの冒険のついでに、無理なく作ることが可能な装備品が、そのレベルのクエストなどで手に入る品物よりも、高性能なことが少なくない。多少時間を割くだけの価値が十分あると思える。

 例えばLv23時点で私が持っていた武器は、多分Lv10台のWarfront5回勝利報酬のものと、RotFのクリア報酬のものだったと思う。この2つが両方ともDPS8強だった。一方、Lv23で採集・生産可能なIron Longswordを見てみると、DPSは9を超えるのだ。これは生産をする気にもなるというものだ。

 残念ながら、Lv20以降の採集素材が極端に発見しづらい、という問題があって、これはちょっと要調整だろっていうレベルのものなんだけど、それを除けば私のような生産面倒勢にとっては、忍耐の限界ギリギリセーフと言うラインの良いシステムだ。

 素材が見つからないせいで、今は生産スキルの成長が止まってしまっている。だから戦闘レベルが生産レベルを大幅に上回った時点で、「役に立つ」と言うモチベーションが失われるので、そこで投げ出してしまう未来が見える気がするけど、少なくとも今までは大いにお世話になったものとして記録しておこう。

 終盤はまたポーション等の消耗品でお世話になるのかな? だといいな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。