RIFT: タンクメイジ

 すくすくと成長している私のWarrior。新しいビルドを昨日は試した。

 今までのビルドは、Paragon/Champion/Beastmasterのコンボ。ベースはParagonで、それにChamponのSTR、AP生成攻撃、Critical強化パッシブ、前方範囲攻撃、Bull Rush強化版などを加えている。Beastmasterは0ポイントでおまけのペット。

 Bull Rushで突撃して、近接反射、近接Parryでしのぎながら場を荒らし、逃げる敵にはParagonの飛び道具で追撃というようなスタイルの、強襲型オフェンシブタンク。Warfrontでは結構爽快に戦える(成績はともかくとして)。ペットは空気。

 ただ上記のビルドには、PvEでWarriorをやる以上はいずれ要求されるであろう、「Taunt」がないのだ。これはさすがに、いい歳(Lv29)こいてやばい。

 ってことで、遅まきながら2nd Roleを購入し、「Tauntできる」「盾をもてる」「でも攻撃的戦士としてWarfrontで戦える」「1st Roleよりは堅い」を志向したビルドを組んだ。

 選んだのは、Riftblae/Warlord/Paladin。WarlordとPaladinは、Armor上昇パッシブ目当てのおまけ。あとで気が向いたらブロック上昇パッシブも取るかもしれないけど、アイテムでブーストできる部分は後回しにした。基本的にはあとはRiftblade 1本で51ポイント取りに行くつもりで考えている。範囲Tauntがないのが悩みだ。

 ということで実際の使用感のテストなんだけども、残念ながら昨日はギルド内のダンジョンチームに入りそびれたので、肝心のタンクワークについては試すことができなかった。不慣れなタンクワークは、レベル的に余裕感のあるDarkening Deepsで、まずは試したかったんだけど、下手をするとFallen Cascadeでのデビューになりそうだな、むむ。ま、いいか。

 で、仕方なくソロPvEでの使用感から。強い、というか、楽。敵に自分から接近しないでいいので、手抜きバトルができる。固定砲台としてバシュバシュと魔法を撃っているだけ。全部インスタントDDなので、気が向けば走りながらも撃てる。気楽。盾を持っていて、防御系パッシブもあるぶん、Paragonビルドよりも堅く、それでいて殲滅速度はあまり変わらない。楽しい。

 続いてWarfrontでの使用感。最初は慣れなくてかなり手間取った。キー配置をいろいろ変えたり、マクロを組みなおしたりと試行錯誤しつつ、気がつけば0勝4敗という体たらく。とはいえ、後半にはだいぶわかってきた。当然だけど、移動砲台だな、こいつは。戦車だ。Burstさせ、あるいはForkで分裂させたSpearを中間距離から投げる。投げる。投げる。逃げ腰になった敵には、Rift Shiftで近接し、Snareし、追撃する。そんなスタイルで、そこそこのダメージアウトプットを記録できた。

 難点はペットがいないので、ソロクエストのついでの採集、などが面倒くさいことかな。採集中に敵を引き受けてくれる囮がいない。小さいことだけど、地味に不便だ。

 もう1つの難点は、あまり武器を使っていないことだ。ファンタジーRPGで戦士を使う快感には、「かっちょいい武器で殴る!」があると思うんだけど、その快感を得にくい。これは私だけかもしれないけど大きな不満。

 ってことで、新しいビルドのRiftbladeタンクメイジ。Paragonよりも野性味が減った感じだけど、これはこれで味わい深いので、しばらくはこれでPvE、PvPに慣れていってみようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。