SWTOR: Open World PvPの今後

 SWTORのディレクターがOpen World PvPの今後の方向性に関するアンケート投票を行っている。提示された選択肢を、2012/03/29 8:45JST時点での投票率とともに並べてみよう。

 ・’Raw’ Open World(19.55%): 今までどおりの制限なしPvP
 ・PvPvE balanced(43.18%): 負けている側にNPCの支援つき
 ・Faction population capped(20.00%): 双方の人数を等しくする
 ・Guild based(17.27%): ギルドメイト以外すべて敵

 ふむふむ。要するに、「勢力間のバランス問題」の話のようだ。

 ’Raw’ Open Worldは意図的にはバランスをとらない。PvPvE balancedはバランスをNPCでとる。Faction population cappedはバランスを人数制限で取る。Guild basedはバランス調整をプレイヤーコミュニティにゆだねる。と。

 ’Raw’ Open Worldは論外。永遠に過疎。

 Guild basedはGuld Wars 2ででもやってください。あるいはShadowbaneでも。

 PvPvE balancedは一見よさそうだけど、NPCが主役で楽しいか、って話。NPCが加わるというよりも、PCが能動的かつ有効に要塞などの施設を使える方向にして欲しい。引きこもり用拠点からの砲台とか、ウォーカー起動とか。砲台も自動発射ではなくて、プレイヤー操作が望ましい。主役はあくまでもPC。

 Faction population cappedは、Max100人のゾーンが10対90になるのを、各勢力Max50人ずつ、とするのなら必須。でも、各勢力の人数差を常に1人前後に抑えるという入場制限をするのならいらない。それはWarzoneというのだ。ときに人数差が発生するのもMMORPGの対戦の面白さ。その上で、それを成立させる設備や報酬の整備が求められる。

 ってことで私的には、適切な条件の下でのPvPvE balancedとFaction population cappedの折衷、っていうのがいいと思うかな。うむうむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。