TSW: 2日目&不安と不満&フォロー

 TSW 2日目。別に示し合わせていないんだけど、行く先々で偶然出会ったCabal仲間と共闘できたりして、順調にSavage Coastのクエストも消化できている。こんなにさくさくでいいのだろうか、と思うほどだ。

 さて、そんなTSW。基本的には今のところ大いに楽しい。でも遊んでいていくつかの不安や不満があるので、いきなりネガティブなことを述べたいと思う。

 【バグ】

 多い。クリティカルなのは、クエストの進行不能/進行困難のバグと、チャットウィンドウのバグだ。

 前者はもうどうしようもないんだけど、このゲームのクエストは「謎解き」なだけに、進行しなくても「謎が解けてないせいだ」と不可能ミッションに挑み続けてしまいがちなのでたちが悪い。どうやらバグってるらしい、と聞いてなお、「なにか方法があるはずだ」といろいろな解決法を試そうとしてしまう。多くの人がこれで時間を無駄にしていると思われる。

 個人的にはとっとと世界の廃人な人たちが先行してクエストをこなし、バグを報告し、我々が到達する頃には直っている、という体制を構築していただきたいと思っている。頑張れ世界の廃人たち!

 後者はせっかくCabalを作って盛り上げよう、って時にかなり痛い仕様だ。全員に起こっているバグとしては、タブ/ウィンドウごとの「そこで見えるチャンネル」と「そこで話すチャンネル」の設定が、ゾーニングをする度にリセットされてしまう、というのがある。知らぬ間に「Cabalチャンネル」を見られるウィンドウがなくなり、会話から取り残されるなどの事件が多発。悲しい。

 また、一部の人に、「あらゆるチャットがほぼ不可視になる」ということも起こっているようだ。こちらはリログ、ウィンドウの出しなおし、などの面倒くさい解決法しかなく、いっそう致命的。

 【PvP】

 StonehengeとEl Doradoに物申す。視界が悪いんじゃー! 目が疲れすぎるよ。Fusangくらいのクリアな視界のBattlefieldを追加してください、お願いします。っていうかStonehengeはもっと明るい、世界不思議発見で出るような、「明るい曇り空」「緑の草原」「ぽつんと石柱」ってな場所にしてくださいよ。雨で夜中の草原では気分が出ない。

 【スキルと成長曲線】

 不満じゃないんだけど、このゲームのスキルは2つのTierに分かれていて、それはご存知スキルホイールにおける内周(Inner)と外周(Outer)なんだけども、これらは純粋に上下関係を構築しているとは言い切れない。外周は内周の上位互換ってわけじゃないのだ。もちろん上位互換の関係にあるものもあるけど、どちらかというとより「特徴を出す」という効能の外周スキルが多い。

 だからスキルを増やしていくと「できることが増える」のは確かなんだけど、ある時点を境に「強さ」は大して伸びなくなる。だから、ある程度「無個性」で問題のない、言いかたを変えれば「単機能」で問題のないPvEにおいては、スキルによる性能の成長曲線が、割りと早めに頭打ちになるような予感がある。

 絶対的な性能の成長曲線は、ほぼすべて装備(とSP)に依存している、というのが現実のようだ。内周スキルしかないQL5のほうが、スキルをコンプリートしたQL3より、多くの武器できっとトータル的に強い(1on1で勝てる、とか言うことではなく)。

 これはもちろん、純粋な強さという縦軸だけではなく、スキルをどう組み合わせるかという個性の横軸で勝負、というTSWのゲームデザインによるもので、長所でもある。でも、スキルを取っていくワクワク感、プレイのモチベーションという観点からすると、「このスキルを取りたいから頑張ろう」感が、割と序盤のうちから減衰していくのは、モチベーション的に心配だ。

 【Group Finder、Public Group】

 TSWもSWTORと同様に、Group FinderやPublic Groupを導入していないようだ。これら先人の作ったすばらしい要素を取り入れないというのは残念でならない。Group Finderはまだ賛否両論だからいいとしても、Public Groupはもっと一般的になって欲しいなぁ。

 返す返すもRIFTの勉強熱心さと貪欲な吸収姿勢は、他に抜きん出ていたんだなぁと思い知らされる。

 【ボリューム】

 目下最大の不安はここだ。キャラクター強化のキーとなるアイテムのクオリティレベル(QL)はQL10あたりまで売っているのが確認できているけど、最初の2日でQL5にまで到達している。もし本当にQL10が最高値だとするなら、現在のQL5というのは、レベルキャップ50のMMORPGで言うところのLv25に相当する。2日でLv25はちと早い。

 成長速度はだんだん漸減していくだろうとはいえ、このぶんでいけば1ヶ月もすればQL10が見えているように思える。その先にあるエンドコンテンツが、現状Fusangしか見えてないとなると、ゲームの寿命が心配だ。

 全部のスキルを取るぞ、的なスキルゲッターには、私はなれそうにないんだよなぁ。レイドとかあるんだろうかね。ていうかレイドグループって組めるんだろか。教えてキモイ人!

 【フォロー】

 と、まぁ不満も多いんだけど、正直思った以上に楽しい。なんだかんだで、全員に個性があるのと、雰囲気がいいのがプラスに働いているようだ。

 特に個性という面が私には楽しい。Tankという役割の人1つとっても、Tank/Tankのピュアが3種、Tank/Otherのハイブリッドが18種もありえる。最終的には誰でも何でもできるようにはなるだろうけど、しばらくはAPによる装備制限の関係で、成長速度を犠牲にしない限りは、そうそういくつもの組み合わせにはできないから、選んだ2つの武器が、ちゃんと個性たりえている。

 またクエストが抜群に面白い(ものが多い)。SWTORと同じく、シネマティックをはさむ系で、シネマティックで言っていることは、やはり言葉の壁に阻まれて良さの半分も伝わらないし、動画の質もSWTORに劣るんだけど、クエストの内容そのものがSWTORよりも遥かに面白い。

 ストーリークエストやメインクエストは、「何を何匹倒せ」というような単純なものが少なく、いちいちなんらかのギミックを使ったり、足跡をたどったり、パスワードを入力したり、ググったり、合成したり、そういう小技を要求してくる。1クエスト1クエストがポートピア連続殺人事件だ。こういうMMORPGは今までなかったと思う。

 【見通し】

 トータル的に現在の見通しとしては、キャラがある程度育ちきるまで、つまりQL10になり、欲しいスキルを取りきるまでは、存分に楽しめそうだ。今まで積極的に推奨していなかったこのゲームだけど、高卒程度の英語力があれば十分オススメできる、という評価に変わってきている。もちろん、育ちきるまで楽しめれば、十分もとは取れる、と考えられる人にだけども。

 しかし一方でその先には不安も多い。結局どのMMORPGでも問題になるエンドコンテンツ問題に、TSWはどういう解答を用意しているのか。そこにかかっていると思われる。がんばれFuncom!

TSW: 2日目&不安と不満&フォロー」への2件のフィードバック

  1. Nez/蝿

    残念だね!
    逆にこっちは乗ってるからそれだけで
    面白いという要素も多分にある。

    次のスタートはMechwarrior Onlineで僕と握手!
    ジョイ棒買っときなさい!

    返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。