日記: 11月18日(2012年)

 この週末は某所の祭を見物して、屋台飯を食いまくってきた。

 ので、なにを食ったかをひたすら挙げ、感想を述べ、記録しておく。

 ・タイラーメン(600円)★★

 ビーフン的な麺に鶏がらスープ。具はパクチー、桜海老、ひき肉のそぼろ、葱。お好みでナンプラーや唐辛子を入れるようになっていた。美味かった。600円はいかにも高いけど、イベント価格ですな。イベント価格で割高なのは、これに限らず今回挙げるすべてに言えることなので、考えすぎないことにする。

 ・肉巻きおにぎり(400円)★

 甘辛く味付けされた豚ばら肉で、同じ味のタレで味付けされた米を巻いた物体。宮崎のご当地グルメらしい。あまり感動がなかった。なんとなく、米は白米のほうが美味い気がする。タレのせいか米がねちょねちょ気味でダメだった。まずくはないが。

 ・スブラキ(500円)★★★

 ピタパンでキャベツの千切りとドネルケバブをはさんだサンドイッチ。かなり美味かった。ドネルケバブの羊肉が美味く、キャベツやピタパンとよくマッチしていた。思ったよりも肉が多く入っていて、けち臭くなかったのも良し。

 ・鮎塩焼き(400円)★★★

 良く焼けていてほくほく。子持ち鮎で卵も美味かった。当たりはずれがあるものだと思うけど、今回は当たりを引いたようだ。

 ・牛タン串焼き(600円)★★★

 不味いはずのない一品。強いていえば割高なのがネックだけど、財布の紐を外してしまえばさすがに美味い。まぁ、そうはいっても要するに、牛角の牛タン塩一皿分を串に刺して焼いたような、特に工夫のないものだったけども。素材の勝利。

 ・金のから揚げSサイズ(300円)★

 から揚げ、といいつつどちらかというと、鶏のフライ、というようなモノだった。衣がパン粉ベース。細かく切ったチキンカツ、というのが正しいかもしれない。まずくはないけど、面白くもなかった。

 ・地ビール中カップ(300円)★★

 地ビール。リアルエール風でなかなかおいしかった。フルーティーさが控えめで私好み。缶売りの地ビール(銀河高原とかKOEDOとか)よりは全然美味かった。

 ・ホルモン焼き(500円)★★

 味噌だれで焼いた豚ホルモン焼き。一時期シロコロホルモンが流行ったころ、こういった屋台で供されるホルモンはかなり質が低くて、硬いだけの物体だったんだけども、これはそんなことはなくて、程よい弾力で美味しかった。ただちょっと味が濃いのと、量が多いのとで苦戦。歩きながらの買い食いにはヘビーだった。多人数で酒のつまみにする、という用途なら★3だった。

 ・みたらし団子(100円)★

 普通の団子。可もなく不可もなし。

 ・ニラ饅頭(100円)★

 普通のニラ饅頭。可もなく不可もなし。

 ・燻製ベーコン串焼き(100円)★★★

 よく燻されていて、薫り高い味だった。100円というのもリーズナブルで良し。お土産にスモークチーズも買ってしまった。今度家でワインと一緒に食べようと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。