日記: 11月7日(2012年)

 先日なんとなく見ていた(ゲームしながら垂れ流していた)バラエティー番組「嵐にしやがれ」の中で、本格中華粥の作り方が紹介されていた。それがなにやらとてもおいしそうで、なんとしても食べたくなってしまったので、実際に作ってみることにした。

 番組で紹介されていたレシピは以下の通り。

 【材料】

 ・米: 300g
 ・干し貝柱: 12個(水でもどしておく)
 ・サラダ油: 小さじ2
 ・塩: 小さじ2
 ・水: 3000㏄

 【手順】

 米をよく洗い、生米の状態のままサラダ油と塩をまぶしてよく混ぜ、そして貝柱とともに弱火で40分ほど茹でる。

 おぅ・・・簡単。水が米の10倍っていうのはずいぶんとゆるい粥のように思える。生米のまま油と塩をつけるのが面白いな。そして干し貝柱か・・・これが値段が高いけど(スーパーで8個900円くらい)、まぁレシピに忠実に試してみよう。

 レシピは4人前のようなので、材料を1人前にして作ろう。米300gというのは要するに2合とおもえばよろしかろう。つまりその1/4で、米半合に水750ccが1人前ということだ。貝柱は3個。340円分の貝柱。うほほ。

 で、調理。特に手こずるポイントもなく完成。

 鍋の底に少し米が張り付いてしまったけど、焦げるというほどではなかったかな。10分粥とは思えないほど水分が飛んでしまったようなので、張り付きのことも含めて、火力が強すぎのたかもしれないけど、許容範囲だと思う。

 できあがりはラーメン丼1杯分くらいの量になった。そして味は・・・うん、うまいうまい。ちょっと味が薄いかな、という感じもあったけど、買っておいたザーサイと一緒に食べて、ちょうどいい感じだった。

 干し貝柱を戻すのに時間がかかって手間だけど、これはなかなか簡単でおいしいいいレシピだな。手を抜きたければ、別に完全中華風にこだわらないで、いりことかかつおとか鶏がらスープとかの粉末でも作れる気がするし。

 うまうま。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。