LoL: 底辺レート帯の日々

 LoLはRankedではないNormalの試合でも、内部では個人個人がレートを持っていて、それに応じて適切なマッチングがされるらしい。

 ・・・ということを聞いてはいたんだけど、最近それを痛感している。

 私はLv30になるまでは、大体1割くらいは勝ち越している状態で育ってきた。これはSmarf気味な経験者の知人を交えたPremadeだったこともあるし、純粋にLv29以下の人たちの中では、普通に戦える実力だったということもあると思う。

 でもLv30になってからというもの、Premadeでばかり遊ぶようになったせいか、腕前が突然数段上の人々が対戦相手になることが多くて、負けまくる日々を送るようになってしまった。

 で、そんなPremadeによる低勝率の日々を過ごしたあと、だいぶ負け越した状態で久々にソロで遊んでみたら・・・とんでもなくカオスな戦場がそこにはあった。

 どうやら内部レートが底辺まで下がってしまったらしい。いわゆるEUスタイルが成立しないなんて事は当たり前。BotにSupportが2人になったり、Midに3人いったり、Topが0人になったり、Junglerはいないほうが多かったり、いてもLeashはしなかったり、必ず1人は落ちたり・・・etc、まともに試合が成立することのほうが珍しい、という惨状がそこにはあった。Lv20~29の頃のほうが、遥かに戦場のレベルが高かったよ。

 で、そんな状態でも、もちろん私がキャリーできるほど上手ければ勝てるわけで、そうすれば内部レートも上がっていくはずなんだけども、当然私にはそこまでの腕はないのですな。だからまぁ、ここが適切な場所という気もするんだけども、正直ここでの試合は面白くないんだよなぁ。

 DDOやらなにやらに浮気しているので、遊ぶ機会が激減しているLoLだけども、果たして私がまた、勝率5割の世界に浮上する日は来るのであろうか。もんもんもん。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。