FF14: 2.1前日

 先週末のプロデューサーレターライブやら、それに続く2.1パッチノート公開やらで、今週火曜に迫ったバージョン2.1に向けた話題で巷は盛り上がっている様子。かくいう私もそんな話題を楽しんだり、予想したりしている。

【武器とか】

 追加アイテム一覧が出揃ったことで、想像がはかどる。武器と防具とにわけて見ていこう。

 追加される武器は、IL55、IL70、IL90、IL90(PvP専用)の4つだ。

 おそらくそれぞれ、新ダンジョン、クリスタルタワー、極蛮神クエスト、PvP、で得るのだろう。

 興味があるのは、やっぱり極蛮神クエストなんだけども、これが極蛮神っぽくない武器(例えば槍はホーリーランス)だったということで、想像は一気に悪いほうへ向かった。真蛮神武器を強化するとか、合体するとか、そういうことじゃない気がするんだよな。普通に仕事を請けて、かわりにもらう系のにおいがする。

 そして追加されているアイテムに「ロウェナの手形」などという恐ろしいものがあるのが気にかかる。曰く「商人ロウェナの手形。優れた武具と引き替えることができる」。クエストの最後に神話で交換とかやめてくれよ!?

【防具とか】

 防具の追加は以下のようなラインナップ。

  • IL60 左側
  • IL60 リストレット
  • IL80 左側
  • IL80 アルテマ指
  • IL80 アルテマ首
  • IL90 ヴォーテックス指
  • IL90 トレマー耳
  • IL90 インフェルノ手首

 IL60左側は興味なし。新ダンジョンドロップだろうな。

 IL60リストレットは、ホプリタイやトクソテスシリーズの追加物件。手首は今までなかったっけ? 意図不明品。

 IL80左側、ってのがクリスタルタワー装備だろう。「同系とおぼしきIL80右側」が存在していないので、クリスタルタワー産シリーズには、おそらくアクセサリーがないと発覚してしまった。うーん、本気でクリスタルタワーの魅力が薄いなぁ。サブキャラ用の適当収集にしかならなそうだ。見た目装備を視野に入れなければ、本キャラでつかうものはないと断言できる。オニオンシリーズが地味に気になるくらいかな。これもクリタワなのかはわからないけども。

 IL80アルテマアクセは、その下に続くIL90極蛮神アクセよりもILが低い。つまり、極蛮神より、真アルテマのほうが簡単なのだな(既知だっけ?)。ただし、首が出るのはアルテマのみなので、ダークライト首などを装備している人にとっては、アルテマ首は選択肢になるかもしれないし、指に関しても装備箇所が2箇所ある部位なので、アルテマとヴォーテックスを1つずつというのはありえる。悪くない立ち位置だと思う。

 IL90アクセは、それぞれヴォーテックスがガルーダ、トレマーがタイタン、インフェルノがイフリートだろう。それぞれ装着部位が固定でばらけているので、欲しいところを狙いやすいといえば狙いやすい。1番簡単らしいガルーダで、1番潰しの効く「指」装備がでるというのは良心的。

【PvPとか】

 上のアイテム一覧ネタの続きだけど、PvP装備は、ウルフ(IL55)→ウォーウルフ(IL70)→ダイアウルフ(IL90。PvPランク30以上)というヒエラルキーになる様子。ウルフが生産、ウォーウルフとダイアウルフはポイントで入手かな、と想像しているけどどうだろう。ダイアウルフは入手よりも、PvPランク制限がきつそうだな。

 そうなってくると、いち早くPvPランクが30に達した人による、無双期間がしばらく続くに違いない。個人的にはMMORPGのPvPは、キャラの成長を実感するのも楽しみだから、そういう「アイテム勝ち期間」を味わう層がいても、別にいいと思っている。

 PvPでのクラスバランスに関しては、あんまり間抜けな予想をすると、「全然外れでしたー」ってなるリスクが高いから、まぁ何もいわないでおこう。

【竜騎士とか】

 強くなるね。がっかりだ。おいしくない。なんのために竜騎士にコンバートしたと思ってるんだ。

 強くなってなお、モンク、召喚、黒には比肩しない、ギリギリ詩人並、という地位であるとよいのだが(ヒネクレモノ)。

【ハウジングとか】

 高い!という苦情が公式フォーラムで殺到しているらしい。

 うーん、確かに私には当然手が届かないくらい、値段は高いわけだけど、価格設定そのものが騒ぐほど異常なのかっていうと、どうなのかな。

 これはFCの人数がどれだけに達していれば、無理なくそれぞれのサイズの家が持もてるように、と開発側が想定しているのかという、設計の問題だとおもう。そこが見えないと、是とも非ともいえないよね。

 システム的にはFCは最大512名からなる。Mandragoraサーバーの場合、土地の値段がLが1億ギル、Mが3000万ギル、Sが800万ギルだから、きっかり等比になるように、Lを300人規模、Mを90人規模、Sを24人規模という想定で、価格設定がされているとして試算してみようか。Sを無理なく買うのに必要な人数が24人というのは、そう不自然な数字でもないはずだ。

 こうすると1人当たり想定負担額は「8,000,000ギル、割る、24人」で、33~34万ギルになる。私がかつて、ヒッポグリフリングを買った値段とほぼ同じだ。

 さらに3ヵ月後まで待てば、ほぼ半額になるらしいから、16~17万ギルになる。現在市場で流れている活力のマテリガと同等の値段だ。

 うん、そんなに騒ぐほど高くはないな。割と妥当だ。

 もちろんこれはMandragoraサーバー在住の私の意見であって、他のサーバーの金銭感覚に合致するのかはわからないけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。