日記: 4月23日(2014年)

 長年・・・といっても4年だけど・・・活躍してくれたメレルのカメレオン3が、ついにヘタってしまった。ヘタったっというか、GORE-TEXが劣化して防水性を失ってしまった。

 主に長期旅行用の靴として大いに役に立ってくれたこの靴。海外の石畳や郊外の悪路などでは、固めのソールのこの靴がやわらげてくれた疲労は大きく、また雨天時にソールが異常なほど滑るという欠点はあったものの、それでも「靴下まで濡れる」とか「次の日まで靴が濡れたままで履くと冷たい」というようなことが起こらないという安心感は、長期旅行時には重宝していた。

 そんなカメレオン3の防水性がなくなってしまったのだ。まだまだ晴天時には履けそうだけども、「固めのソール」&「防水性」という2要素を兼ね備えた靴がないと、安心して長旅に出られない。代替を購入せねばなるまい。

 ってことで、楽しい楽しい見繕いの時間なんだけども・・・これが結構難しい。

 条件は、1)ある程度固いソール。ぐにゃっと手で曲げられるようなスニーカーのソールはダメ。2)防水性。GORE-TEXかそれ相当の機能は欲しい。3)ローカット。脱ぎ履きしやすいのは旅では重要。といったところ。

 まず簡単に選択するなら、同じメレルの後継モデル、となるんだけども、時を経て、カメレオンシリーズのナンバリングが5になった今なお、メレルのビブラムソールは雨天時のマンホール上でアイススケーターのごとく滑るらしい。カメレオン3にはもう愛着がわいていて、すっかり好きな靴になってしまったとはいえ、次の靴でまで同じ苦労をしたくもない。防水性=雨天時の機能をある程度重視している以上、今回はメレルは却下としよう。ジャングルモックとか、カメレオン5のモックとか、滑りさえしなければよさそうなんだけど、残念だ。

 となると、同業他社の靴に目がいくんだけど、これがまたことごとくデザイン的にいまいち。ノースフェイスモンベルニューバランス、その他もろもろ。カメレオンクラスの軽トレッキングシューズは、どれもちょっと大げさな感じのデザインで、タウンユースするにはシーンを選びすぎる感がある(カメレオンも五十歩百歩だけど)。バイクウェアをタウンユースできないのに近い感覚だ。これも却下としたい。

 次に目を向けたのは、オッサン用のウォーキングシューズの線。通勤快足やマドラスウォークのGORE-TEX登載モデルだ。特にマドラスウォークのカジュアルなヤツはそんなに悪くない気がする。・・・気がするんだけども、どうしてもブランドイメージ的に逡巡してしまう。これを選ぶと、なんだか人生が次のステージに入りそうな気がする。もうちょっと歳食ってからの選択肢じゃないのか、これは。引き返すなら今だ。却下。

 よし、それじゃ、思い切ってダナーだ! ダナライだ! 機能、外観、自己満足、すべて問題なし! 気になるお値段、4万円! 無理! 引き返せ! 却下!

 ってな感じに悩んだ結果、最終的にはティンバーランドのアースキーパーズあたりにしようかなと考えている。だいぶカメレオン3からは遠のくけど、基本的に保守的な趣味の持ち主なので、冒険してない地味めのデザインを評価しての採用だ。旅人っぽいくたびれ感もよい。現在、購入に向けてモデルを眺めているところだ。サイトにはモックトゥしかないけど、プレーントゥのほうがいいな、とか。うーん、楽しい。

 不安な点は、スウェードのようなメンテがめんどくさい素材はイヤだなぁ、ということ。そして、カメレオンに比べてちょっと、というか、かなり、通気性が悪そうなので、夏の運用に不安があるというところ。ま、足が蒸れ蒸れになるタイプではないから、そんなに気にならないとは思うけども、はてさて。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。