日記: 5月14日(2014年)

 今年はまた海外旅行を計画している。去年は行かなかったので2年ぶり・・・とおもったら、去年は急遽台湾にいったんだったな。

 今回の行き先はイギリス。時は7月の予定だ。渡英するのは2009年以来の5年ぶり、渡欧は2011年以来の3年ぶりになる。

 ってことで、いろいろと準備を始めているんだけども、5年前と比べるとデジモノの環境が変わっていると痛感する。調べた限りだと、ホテルなどの施設でのWifi稼働率はかなり上がっているし、所持しているデバイスの性能も格段に上がっていて、現地でもデジモノにより頼り易くなっている。

 結果として準備の仕方が「情報収集」も当然するものの、「現地で情報収集しやすいように準備」というような要素にシフトしつつある。安心して行き当たりばったりできる、と言い換えてもいい。

 例えば地図。もう紙の地図を買う理由はほとんどない域になりつつある。オフラインに地図データを保存しておけば、いつでもそれを参照できる。どのくらいの縮尺が必要か、とか、どのエリアのものが必要か、などと事前に悩む必要がない。まるっとデータでもっておけばいい(容量はそれなりに必要)。楽チンだ。

 それをさらに突き詰めたのは、ナビアプリだ。今回の旅行ではカナダ旅行にひき続いて、レンタカーを借りるつもりでいる。そこで活用しようと思っているのが、定番ナビアプリのSygicだ。UK&Irelandの地図データなら、たったの1500円くらいで利用できる。レンタカー会社でカーナビを借りるのと比べたら、はるかに格安。こんな便利なものがあるなら、2012年のカナダ旅行でも使えばよかった、といまさらながらに思うけど、その当時私がもっていた貧弱なデバイスでは、運用できなかった可能性も高い。2年の月日がそれを可能にさせたのだ。

 カメラに関しても、画質に強いこだわりがあるわけではないし、そろそろスマホだけでいいんじゃない、と思いつつある。ただ、ここに関してはまだしばらくはコンデジを併用するつもりだ。というか写真は100歩譲ってスマホでもいいんだけども、動画となってくるとスマホではあまりにも残念品質になるから、まだXactiに頼らざるを得ない。動画撮影の分野で、私の持っている「古いXacti」を、いつの日か手に入れる「新しいスマホ」が追い抜く日は、まだちょっと先のことになりそうだ。

 現地でのとっさの情報収集では、タブレットが活躍してくれると期待している。今までの旅行では、スマホのみだったり、ノートパソコンを持っていったりしていたんだけど、それぞれ一長一短だった。スマホは軽いけど、やっぱり情報の一覧性が低かったし、ノートパソコンは重くて持ち運びが億劫だ。その点、タブレットはちょうどいい大きさで、こういうシチュエーションでこそ活きそうだ。タブレットを所持するようになってから、初めての海外になるから、そこで真価を見極めたい。

 もう感覚としては、ベースとなるのゲーム(ホテル&航空券)をインストールしたら、あとはAdd-onを追加していく(地図、ナビ、情報サイトのリンクやコピー)というような感じだな。リアルロールプレイングゲームを快適に楽しむとしよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。