日記: 7月10日(2014年)

 常々思っていたんだけど、スマホって通話しにくい。よりピンポイントで言えば、声が伝えにくい。

 理由はおそらく単純で、口からマイクまでの距離が遠いからだ。

 だから大きな声で話せばもちろん聞こえるけど、人ごみの中で周囲をはばかりながら話すようなシチュエーションだと、なかなか相手に声が届かない。マイクに声を拾わせるのが難しい。

 こういう場合、昔ながらのパカっと開くガラケーなら問題はなかった。口の至近距離までマイク穴を近づける事ができたから、かなりのささやき声でも、マイクに拾わせる事ができた。でも、スマホはそういった可変機能を持っていないし、耳から口元までをカバーするサイズのものもない。耳はどうしても本体に近づけないと機能しないから、自然と口のほうが離れてしまう。構造的な欠陥だといわざるを得ない。

 また、私が今まで使ってきた機種が偶然そうだっただけかもしれないけど、スマホのマイク穴が、よりによって底面に開いているというのも、声の拾い難さを助長しているように思える。操作面の下部あたりに開いていれば、少なくとも穴が口と正対するぶん拾いやすかろうと思うんだけど、底面に開いているせいで発声のベクトルとマイク穴の受話のベクトルとが合致しない。

 とにかくそんなわけで、スマホは実に会話しにくい。

 さらに、みんな困っているだろうから、それをサポートするアタッチメントもさぞかしいろいろと売られているんじゃないか、と思っても全くその類をみない。イアホンマイクはあるけど、それじゃないのだ。私があるといいな、と思うのは、もっと小規模なものだ。マイク穴からにょろっと3cm程度だけ伸びるミニマイクのようなやつなのだ。てっきり探せばそんなのがゴロゴロあるかと思ったら、全く売られてない。不思議だ。

 この問題が全然取りざたされないのが実に不思議だ。私だけが感じている問題なのだろうか。みんな大声で会話をすることに私ほど抵抗がないのだろうか。うーむ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。