GTA5: レース車両を揃えよう

 ミッションをやりつくしてしまったGTAオンラインのゲーム寿命をもう少し延長させるべく、最近は野良レースでちょこちょこと遊ぶようになった。そんなに熱心にレースをしているわけではないんだけど、気が向いたときに、2戦くらい走る。

 で、レースをやりだすと、やっぱり自分の車で競争したくなる。

 ってことで、どの階級でも戦えるように、自分の車を用意しておくことにした。

 まずは3つあるガレージの整理からだ。6台ガレージは単純なコレクション庫として、もうめったに乗りもしないけど売るのも惜しい、という趣味の車入れ。10台ガレージAは、バイクコレクション。そして10台ガレージBを、レース車両庫とした。

 そしてレース車両集めだ。お金がないので、パクれる車両はパクって集め、今までもっていた車両を使える階級はそれで妥協しつつ、7階級ぶんの車を同色で揃えた。車種のチョイスは、ネットでの評判と、見た目の好みとを兼ね合わせて、妥協点を探った。

 以下が現在の各クラスのラインナップ。

 コンパクトカー。おなじみウィニー・イッシー。このクラスに関しては有利も不利もへったくれもなく、見た目のプリティーさの問題でイッシーしか選択肢がないので、イッシーで挑むハラ。前輪駆動のせいか、すぐにリアが流されるのだけど、そこも愛でカバー。なお、今だかつてコンパクトカー戦に野良で遭遇したことがない。

 クーペ。オセロット・F620。マッコウクジラのようなフロントグリルの見た目がいい、ということでチョイス。速いけど、ちょっと運転しにくい。車重が軽いのか、すぐに浮き上がって、着地で滑る、というようなことが多い。見た目の改造項目がほとんどないのが残念。なお、クーペ戦もまだ遭遇してない。

 セダン。オベイ・テイルゲイター。元々もっていたセダン。改造項目が多いのと、シンプルで正統派な外見がよい。積極的にこの車種にしたというよりは、もっていたから採用したという感じ。セダン戦なんてそもそも遭遇しないだろ、とおもってたかをくくっているけど、実際にこれまた遭遇していない。

 SUV。オベイ・ロコト。SUVといえば資金源として散々お世話になったボーラーさんなのだが、やすやすと見限った。ボーラーさんは速いけど滑りすぎるんや・・・。ってことで操作しやすいロコトさん。なかなか野良車両が出現せず、入手に苦労した。同じオベイのテイルゲイターでロスサントス中を徘徊してやっと捕獲。エンジン音が静かでラグジュアリー感がある。なお、例によってSUVのレースも遭遇経験なし。

 マッスルカー。ブラヴァド・ガントレット。これはネットでの評判を元に性能で選んだ。・・・のだけど、改造項目が少なくてちょっと面白くない。ドミネーターにしようか悩み中のクラス。マッスルカー戦は不思議と遭遇回数が多い。そしてつるつるすべりまくりで面白い。

 スポーツカー。ベネファクター・フェルツァー。見た目のごついスポーツカー。ラインナップがすっきりしたフォルムの車ばかりになってきたので、ちょっといかついのを採用した。改造項目が多くて面白い。せっかくなのでエアロパーツをゴテゴテにつけたった。見た目に反して案外速いし、扱い易い。スポーツカー戦はかなりあるので出番も多い。

 スーパーカー。コイル・ヴォルティック。電気自動車カッケー、ってことで採用。え? 安いからだろって? まぁ、そうともいう。他の車種は資金難で手が出ない。スーパーカークラスは最も開催頻度の高いクラスなんだけども、自分以外のヴォルティックを見たことがない。そういう点で気に入っている。

 ・・・と今のところはこんな感じ。

 実際に出番があるのは、ヴォルティック、フェルツァーが9割で、残り1割がガントレット、という感じ。せっかく揃えたから、いろんなクラスで遊びたいんだけど、ガチクラス以外は人気が薄いようだ。スポーツカーはともかく、スーパーカーはみんな同じ車種(ゼントーノばっかり)で面白くないと思うんだけどな。

 あとは車庫の完成度という意味で、一応クラシックスポーツカーも用意しておきたいところだ。なんというか、レースそのものよりも、車両を集めるのが楽しい。レースは・・・勝てないからなぁ。うへうへ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。