GTA5: 損害補償

 以前、何度か報告した、GTAオンラインでの車両消失バグ。

 この件については、ここでの報告と同時に、販売元のRockstarにもバグ報告を行っていた。

 それ以降、実は1ヶ月ものあいだ、断続的にRockstarとのやり取りが続いていて、それがやっとこさ一応の決着を見たので、その顛末を記録しておこうと思う。

 1.バグ報告

 4月24日。私。RockstarのポータルサイトSocial Club上でバグ報告。

 2.返答

 5月1日。Rockstar。パッチにより解決したがどうか、という連絡。

 3.返答

 5月6日。私。様子はみた。再発はしないかもしれない。既に消えた分の補填はないのか。

 4.返答

 5月7日。Rockstar。保証はできないが消えた車両とゲーマータグを教えて欲しい。

 5.返答

 5月7日。私。聞かれた内容を返答。

 6.返答

 5月12日。Rockstar。調べてみます。

 7.返答

 5月21日。Rockstar。現象の記録を確認。GTAドルを保障します。

 8.ログイン

 5月21日。私。ログインして上掲のスクリーンショットのような内容を確認。正確な返還額がいくらなのかがわからないが、およそ100,000ドルくらい戻った模様。

 ・・・という流れだ。

 返還額が100,000ドルってのが、多いのか、少ないのか、ジャストなのか、自分で評価できないのがちょっと不安な点ではあるね。もう消えた車両と、そのカスタム費用なんて、記録していないし覚えてもいないから、その金額に至った根拠や明細を、しっかりとセットで連絡して欲しかったような気はするよ。ま、ちゃんと対応してくれたというだけでも、評価しないといけないのかもしれないけどね。

 それと今回のようなメタ的なお金の返還を、写真のように「ゲーム内の架空の銀行の不手際」という表現にしたっていうのは、洒落が効いてて面白い。GTAっぽいやりかたで、ニヤリとさせられる。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。