LoL: メインアカウントもJP移行

 ということでタイトルどおり、メインアカウントも日本サーバーに移行しておいた。

 で、数戦してみたんだけど、よく言われるように、プレイの傾向を表現するキーワードは、慎重、消極的、協調的、というような感じだった。大きなスローもなければ、大きなアウトプレイもない、というような、そういう試合が多くなりそうに感じられた。

 ともあれマッチングされるプレイヤーのレベルそのものは、さしてかわらないように感じられたので、MMRはそれなりに正しく機能しているんじゃないかな。同じ人と何度も当たる、ということもないので、少なくとも底辺帯においては、プレイヤー人口も十分にありそうだ。ゲームモードがノーマルブラインドしかない、という致命的な要素さえ解決してくれれば、NAサーバーよりもいい環境になるポテンシャルはある、と思えたよ。人口が減る前に、ランクとはいわないまでも、ドラフトは早く実装して欲しいものだ。

 不思議体験談としては、前回のエントリーの後、もう1回だけ日本語キッズに遭遇することができた。「もうだめ」「なにこいつ」「きるだけもってくんですかー」「ぜんぜんいいぷれいしてないのに」「。。。」とか延々愚痴り続ける人がいた。うん、うん、なかなか面白い。でもまだまだインパクトが弱かったので、もう少しパンチの聞いた、モンスターレベルの高いキッズとの、次なる遭遇を心待ちにしておこう。

 一方で、もう1つの「よく聞く異常遭遇要素」であるところの、大陸人との遭遇イベントはまだ起こっていない。彼らは新規アカウント作成からのレベル上げ過程に生息しているようで、移行アカウントでのエンカウント率は、まだ低いようだ。これに遭遇するためには、新規アカウントを作らないといけないのかもしれないなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。