GD: 最初のボス

 最初のボスっぽいものを倒した!

 これでAct1終了・・・なのかな?

 このゲームはマルチプレイ時のシナリオの進行具合はホスト依存で、NPCの会話も誰か1人しかできない、という仕様になっている。だからいつもクライアント側でプレイしていて、会話もまかせっきりの私は、全くもってストーリーが把握できていない。

 なので、倒したこいつも何者なのか、これっぽっちもわかっていないんだけども、なんとなく雰囲気から察するに、「とりあえず最初のボス風のものを倒した」というところまでストーリーは進んだようだ。

 知人が「このゲームのいいところは日本語でストーリが読めるところだけ」とか言っていたような気がするのだけど、そう考えると私のプレイスタイルは思いっきり美点をスポイルしているような気がするな!・・・ま、いいか。

 さて、前回のエントリーから2日が経過し、レベルは写真の通り20程度にまで成長した。

 このゲームの特徴的な点として、レベル2で1つ目ベースクラスを、10で2つ目のベースクラスを選択し、その組み合わせでクラスが決まるという、デュアルクラスシステムになっているということが挙げられる。総組み合わせ数は15パターンくらいあるようだ。

 そんなかで、私は最初に暗殺者風の「ナイトブレード」を、次に自然派の「シャーマン」を選択して、デュアルクラス「トリックスター」になった。

 二刀流がしたくて前者、雷ビリビリさせたくて後者を選んだ次第だ。デュアルクラス名も、軽快かつ派手な感じで、なかなか気にいっている。

 が、実際のプレイはどうかというと・・・非常に地味だ。

 今のところ通常攻撃を強化するようなスキルしかとっていないので、レベル1から20まで、ずーっと「敵をクリックして殴っているだけ」のプレイを続けている。全然「トリックスター」っぽくない。「歩兵」くらいがお似合いのプレイスタイルだ。

 これでも一応戦闘には勝ててしまっているので、困らないと言えば困らないし、あんまり操作が煩雑なのも好きじゃないんだけど、もう少しくらいは「操る喜び」のようなものが得られるビルドでもいいな、という感じだ。

 ともあれ、まだまだ成長途上。だんだん敵の攻撃も痛くなってきたし、そのうちもっと工夫した戦い方が要求されると思っておこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。