日記: 7月10日(2016年)

 この週末は金曜にとった有給も含めて3連休として、霧ヶ峰にドライブ旅行に行ってきた。

 目的は今まさにシーズンであるはずのニッコウキスゲを見ることだ。昨年の6月に同じところへいって、満開のレンゲツツジに感動したので、今年は2匹目のどじょう狙いで、7月の花を見に行った次第だ。

 しかし。

 天候が悪くてまいった。3日間旅程の中で写真のような好天に恵まれたのは、東京へ帰る最終日だけ。初日は曇りで、2日目は大雨という、いまひとつな旅行になってしまった。

 霧ヶ峰を含む蓼科エリアは、高原ハイキングなどのメッカではあるものの、雨天時にできることが極端に限られるエリアでもある。根性のあるハイカーであれば、雨天をものともせず大自然を闊歩するのかもしれないけれども、こちとら単なる観光者。そんなことができようはずもなく、ほとほと困ってしまった。2日目などは、なぜか高原にある水族館を見物したりするという、意味不明な過ごし方をしてしまったほどだ。

 とはいえ、それだけの我慢の時間帯を抜けた最終日の光景は、耐えた甲斐のあるすばらしいものだった。私の撮ったスマホカメラの画像では、その魅力の1割も伝わらないのが残念だけども、2日間の悪天候予報を押してまでも、旅行を決行して正解だった、と思えたよ。

 ひとつ残念というか、惜しいのは、バイクやミニでこれなかったということかな。愛着のある愛車で高原ドライブができれば、なおよかったんだけど、今回は同行者がいたということで、無難に実家のアクセラを利用してのドライブとなった。

 ミニとは比べ物にならない静粛性、居住性、走行性能ではあったものの・・・それがイコール喜びではないんだよなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。