GRW: 愛銃をもとめて

 GRWをスタートして、まず私が思ったのは、

 「好きな武器で戦ってゆきたい」

 ということだった。

 このゲームは、数多くの銃器が登場する、ということがひとつのウリになっている。だけど、それらはオープンワールドの世界中に隠されていて、見つけ出してアンロックするまでは使うことができない。

 これは、実にもったいないと感じた。偶然にまかせて遊んでいると、最悪の場合、気に入った銃器が終盤にやっと見つかったものの、すぐにゲームクリアになってしまい、ほとんど使えなかった、なんてこともありえるのだ。選択肢が多い、という宝が、持ち腐れになりかねない。

 そんなわけで、ゲームをろくに進めもしていないくせに、まずは気に入った銃器を探す旅に出ることにしたのだった。せっかくのオープンワールドだから世界を広く使いたかったし、ゲーム体験のできるだけ長い期間を「気に入った愛銃」と共に過ごしたほうが、幸せになれると見たからだ。

 オフロードバイクにまたがった私は、一路最北西のエリアを目指したのだった…。

 で、集めたのが写真の3種。順に紹介していこう。

 Mk14。スナイパーライフル。Divisionでお世話になったM1Aと同じ「M14シリーズ」ということで、最初のスナイパーライフルにはこいつを選択した。トリガーの切り替えで、スナイパーライフルの距離でフルオートや3点バーストにもできる。アサルトライフル的な運用もできる・・・かも。

 Skorpion。サイドアーム枠のマシンピストル。これが一番の目当てで、そして一番のがっかりだった。Skorpion(Vz61)が好きなので、プレイ前の妄想では「FarCry 4のスティンガーのように、Skorpionにオプティカルサイトとサイレンサーをつけて、潜入プレイをするぜ!」と思っていたのに、いざ入手してみたら、このゲームのSkorpionは拡張性がほとんどない、そのまま使うしかない代物だった。サイレンサーのないサイドアームに出番はあるのか怪しい。見た目は格好いいんだけどなぁ。

 AUG A3。アサルトライフル。Divisionで愛用していたL85に影響されて、ブルパップなものをチョイスしてみた。特に思い入れはない。まぁまぁ格好いいかな。使っていくうちに気に入ればよし、そうでなければ今後の武器入手にあわせて乗り換えていこう。

 ってなわけで、愛銃を集め終えて、個性を打ち出すことに成功した私は、やっとミッションをこなしていく準備ができたのでしたとさ。ふう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。