DIV: 余生その4

  ビルドを試す遊び。アルファブリッジセット編。

 写真を上げ損ねたので手短に。

 (※20170424.18時修正。写真をアップ)

 アルファブリッジセットは、

  • 回復力がかなり上がり
  • 攻撃力もちょっと上がり
  • 武器タレントを確実に発動できるようになる上に
  • 使っていないほうの武器タレントも1つ使える

 というようなセットだ(1.6時点)。

 ここから導き出せる楽しそうな遊び方(PvE)は、極端に銃器にポイントを振って定点射撃だろう、と私は踏んだ。銃器に振ってもそこそこスキル/タレントによる回復が期待でき、かつ武器タレントの発動条件も無視できる。うむ、これだろう。え?素人考え?知らんがな。ビルドガイドとか見たら負けなのだ。

 ってことで、銃器ガン振りに、ファーストエイド、サポートステーションで、チャレンジミッションに乗り込んでみた。

 結果: 普通。

 特に強いところもなく、弱いところもなく、それなりに火力はあるけど、顔を出せば紙装甲が削られ、思ったほどには回復もせず、という気配。隠れる、顔を出す、撃つ、休む、隠れる、顔を出す、撃つ、休む、という通常プレイに終始することになった。

 コンセプトは悪くないと思ったんだけど、ぱっとしなかったなー。問題があったとすれば武器だろうな。即席で作ったから、武器タレントを大いに活かせるはずのアルファブリッジなのに、有用なタレントのついた武器を用意しなかったのだ。そら、弱いわ。

 まぁいいんだ。もともとお気に入りのLMGであるL86を使いたいがために、無理やり組んだのだからね。強くなくてもいいんだ。思う存分L86を撃てはしたよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。