日記: 6月22日(2017年)

 昨晩は暇つぶしにスカイリムを1から。かれこれ何十週目だ。

 まずお決まりのヘルゲンから逃亡。逃亡時に私は帝国兵について行くことがどうも多いので、今回はストームクロークについて行って逃亡した。リバーウッドの逗留先がいつもの鍛冶屋ではないので少し新鮮に。

 お決まりの金の爪からのホワイトラン。いつもここまででメインを放置して、好きな方面に移動する。

 今回は配達人が招待状を持ってきたので、ファルクリースにいってみた。家を建てるDLCを持っているのに使ってなかったので、その辺を体験できればいいとも考えた。

 で、ちまちまと数ミッション終えて、終了。

 ファルクリースは地味なエリアで、あまり気分が上がらなかったな。今日の体験が、明日以降継続して遊ぶための推進剤にならなかった。目的地のチョイスを失敗したかも。ま、いいか。

 今回のプレイの縛りは「隠密なし」「生産なし」だ。

 装備は剣、盾、軽装。スタイリッシュな剣士仕立て。のつもり。

 堂々としてコソコソしない。フィールドから城塞、ダンジョンまで、どこでもズタズタ走り、正面から突撃し、真っ向切り結んで仕留める。正直言って、実際のゲーム画面では泥臭い脳筋親父にしかみえなかったけど、「これは蝶のように舞い、蜂のように刺しているのだ」という妄想のもとで遊んだ。

 今のところレベルを片手、軽装でしかあげてないような状況なので、環境レベルに対して相対的にかなり強い。バッタバッタとなぎ倒して進んでいける。経験上、レベル30くらいまではこのままチョロく進むはずだ。

 その先どうなるかはわからないけど、そもそもそんなに長くプレイしないと思われるので、序中盤がよければすべてよし、かな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。