SWL: Kingsmouth卒業

 最初のマップであるKingsmouthのミッションを、やっとコンプリートした。

 開始一週間ほどが経過しているので、かなーりのんびりペースだ。TSWの日記を読み返すと3日で次のマップであるSavage Coastまでもをほぼ制覇し、次の次のマップであるBlue Mountainまで行っている。そして一週間後には、エジプトの3マップまでも終えているというありさま。大違いだ。っていうか、前回頑張りすぎだろう。そらゲームの寿命も短いわけだ。

 ・・・ともあれKingsmouthを終えた。

 当初、SWLではじっくりミッションのシナリオを読んで進めよう、と思ってはいたものの、やっぱりプレイ中にすべてを理解するのはなかなか難しかった。結局、割と読み飛ばして進めているようなミッションも多い。

 ただ、TSWのリリース直後とは違って、今では長く続いたTSWの遺産として、海外の攻略サイトにミッションのダイアログが乗っていたりするので、プレイ中はテキトーに流しつつ、後日、暇な時間にクリアしたミッションのダイアログを読むということができる。そこで「ああ、あそこはそういうことか」というような発見ができたりするので、そういうプレイスタイルでも十分楽しめてはいる。

 ここまでのゲームバランスに関しての感想を述べると、まだ序盤だから序盤だけの話にしかならないけど、難易度はかなり下がっているような感じがする。敵をサクサク倒せるし、死なない。

 ただその一方で、リソースの管理はかなり面倒くさい。すぐに息切れする。メイン武器とサブ武器を交互に使えばそうそう息切れはしないんだろうけど、序盤は2系統のスキルと武器とを並行して鍛えるのが難しいから、どうしても1系統に偏る。そうするとなかなかしんどい感じだ。

 将来的にダンジョンなどでDPSメーターギミックが出ることは、過去の経験からほぼほぼ確定しているから、その時までには息切れ問題を解決しておかないと、少々まずいかもしれない。

 写真はKingsmouthのインスタンスダンジョン、Polarisだ。ダンジョンファインダーを使ってPUGで参加してみた。

 私以外の参加者もTSW経験者ばかりだったのか、みんなギミックを理解していたようで、問題なくサクサクと終了した。ダンジョン内の箱(無課金で1日10回開けられる)から、一応装備や強化アイテムもでるので、効率は良いんじゃないかな。

 ダンジョンの仕組みも少し変わったのか、「ストーリー」という難易度が最低難易度に設定されていて、タンク、ヒーラー、ダメージディーラーの三人トリオでマッチングされる仕様になっていた。エンドコンテンツとしての、上の難易度のダンジョンは、従来通り5人になるようだけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。