日記: 8月3日(2017年)

 洗濯用洗剤は、10年以上コンパクト粉末洗剤タイプの「部屋干しトップ」を使い続けてきた。

 幼少期にアタックの「コンパクト粉末洗剤革命」に触れた世代としては、洗剤の大正義はコンパクト粉末タイプだ、と思っていたということもあるし、基本的に部屋干しの私にとって、「部屋干し」の名に恥じぬ生乾き臭の抑制力は魅力だったからだ。

 一度魔が差して、「部屋干し」に特化していない、普通のコンパクト粉末洗剤に切り替えたことがあったけど、見事に生乾き臭に辟易させられたものだ。それ以来、部屋干しトップ信者としての生活を続けていた。この失敗で、洗剤を切り替えることそのものに消極的になってしまったのだ。

 それを今回、おもいきって液体洗剤タイプの「アリエール・リビングドライ・イオンパワージェル」にしてみた。やっと1度の失敗による呪いが解けた、ということかもしれない。

 結果から言うと、生乾き臭もなく、自然に利用できた。悪くないな、という感じだ。リビングドライ、は要するに部屋干し。液体洗剤タイプの部屋干し用ということだから、まぁそりゃそうか、というところだ。

 正直、洗浄力についてはよくわからない。一般的には粉末洗剤のほうが洗浄力は高いはずだけど、そもそも社会人の一人暮らしでは、衣類がそれほど汚れないので、要求される洗浄力が低い。仮にも洗剤を名乗るものであれば、おそらくなんでも十分な洗浄力があろう、というところだ。

 大きな違いは、洗濯物につく芳香剤の香りだろうか。

 洗いあがった洗濯物が、「部屋干しトップ」はほぼ無臭だったのに対し、「アリエール・リビングドライ・イオンパワージェル」はかなり強く甘い香りがする。グレープジュースのようなにおいだ。不快なものではないからいいけど、気になる人は気になるかもしれない。

 ともあれ大失敗はしなくてよかった。買ってしまった以上、これからある程度の期間はずーっとこの洗剤を使うことになるだろうけど、仲良く付き合っていけそうだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。