日記: 9月27日(2017年)

 Fortnite Battle Royale(Fortnite BR)

 という新しく公開された基本無料のゲームを遊んでみた。

 ジャンルでいうとその名の通りのバトルロワイヤル系。今年大流行りしている、PUBGことPlayer Unknowns Battle Groundと同系統のゲームだ。

 同系統どころか、ほとんど丸パクリといっていいようだ。あまりにも丸パクり過ぎて、そのあたりがすでに法的な問題に発展しかけていたりもする。が、そのあたりは、まぁ、どうでもいい。

 ゲーム内容の話をしよう。

 Fortnite Battle Royaleは、もともとはFortniteというゲームが基礎になっている。FortniteはFPSとマインクラフトとタワーディフェンスとを組み合わせたような、PvE主体のゲームとして開発されていたようで、プレイヤーの行動様式としては、FPSとしての射撃と、マインクラフトとしての採集・建築とがある。

 Fortnite BRでもこの行動様式は踏襲されていて、またFortnite BRがPUBGと差別化している最も大きな要素も、この部分になる。

 単純なバトルロワイヤルに、採集、建築、それに構造物の破壊、という要素が加わっている。なにもない平原に拠点を立てて閉じこもったり、逆にその拠点を破壊したり、というPUBGにはなかった戦術の選択肢があるということだ。

 この点が実際のプレイ体験にどのくらい良い影響を与えるのか、というのは、もっと時間がたってから、コアプレイヤーによる研究が進まないとわからないけど、まぁ面白い試みだと好意的に評価していいように思う。

 さて、そんなFortnite BRをプレイしてみた。

 ・・・なるほど、というくらいの感想だったかな。

 まず私はPUBGをプレイしたことがない。興味がないわけではなかったけど、自分の趣味嗜好を考えてみると、たぶんそんなにドハマりするようなジャンルではないだろうと思えたので、お金を払ってまで遊ぶ気にならなかったのだ。

 しかしその一方で、今年これだけ流行したゲームや、バトルロワイヤル系というジャンルを、まったく実体験としては知らないままオンラインゲームキャリアを進めていくのは、オンラインゲーム好きとしては少々残念な気持ちでもいた。そこで現れたのが、このFortnite BRだった。基本無料のPUBGクローンだ。

 このチャンスに飛びつかない理由がない。労せずしてバトルロワイヤル系のゲームにデビューできるぞ。そう思って遊んでみた。

 ・・・というところがテンションのピークだった。

 いざ遊んでみれば、プレイ前に当初分析していた通り、このジャンルが私の趣味趣向に合致するかというと、案の定そうではなかった。知り合いとチームでワイワイやると、また感想は違うのかもしれないけど、ソロキューで99人の敵を相手に、黙々と殺しあうことには、あまり喜びを見出せなかった。ゲームの良し悪しとは別の理由で、のめりこめなかった。

 評価の軸とすべきPUBGを遊んでいないので、バトルロワイヤル系としての出来の良さ、PUBGとの違い、というようなところも定量的に評価できない。配信で見たPUBGのイメージからすると、建築要素を除いたとしても、見た目ほど同じゲームではないというか、結構プレイ感が違う感じはしたけどどうだろうな。

 Fortnite BRのほうが当たり判定がおおざっぱなようにも見えたし、全体にカジュアルな感じがした。グラフィックがシンプルなぶん、敵影を遠距離でも視認しやすいような気もした。よく言えばビギナーにやさしい、悪く言えば大味かもしれない。

 ともあれFortnite BR。パクリとはいえオリジナリティーもあり、悪くはないんじゃないかな。コミュニティの評価もまずまずのようだ。建築という要素が今後どこまで評価されるか、というところがカギかもしれない。

 個人的には、ひとまずバトルロワイヤル系のゲームを体験できた、ということが最大の収穫だ。自分が1人で続けるには、ちょっと訴求力がなかったけれども、これはこちら側の問題だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。