LiF: Road to Master Bowcrafter

 当初の予定通り、生産スキルのメインに据えているBowcraft。毎日1時間のPower Hourの間だけで、コツコツと上げている。

 そこで行っているのは

 ・1時間のPower Hourできっちり180本のSimple Bowを作成

 という方法だ。

 Power Hour中のSimple Bow作成1回あたりの上昇経験値は、Food Qualityにもよるけど、平均で0.013%ほど。それを180回なので、1日に2%ちょっとスキル値が上がる計算になる。正直、かなりシブい上昇量だけど、チリも積もれば山となろう、ということで、地道に実践し続けている。

 これで来週には90%になるはずだ。どうせ急いで90%になったところで、現状では「90%になって作れる弓」を装備できるキャラがいないので、このペースで問題はないだろう。

 私がこのスキル上げ方法を選択しているのは、「リアル拘束時間が短いから」というのに尽きる。

 2つの必要素材のうち、Simple Ropeのほうの調達は、ほぼすべてを寝マクロ/外出マクロで賄える。だから、このスキル上げに必要な実質的なプレイ時間は、もう1つの素材であるBranchを調達する時間と、Simple Bowを作る時間の合計だけになる。

 この「Branchを調達する時間+Simple Bowを作る時間」の合計所要時間が1セットあたり15-20秒ほどで、途中の移動や食事の時間を合わせて180セット行うと、ちょうど1時間になる寸法となっている(実際は枝枝枝…弓弓弓…と作業するわけで、セット単位ではもちろん作っていないが)。

 そんなわけで1日きっかり1時間だけBowcraftがマイルーチン。スキル上昇率はともかく、リアルに負担が少なくて、手段としては気に入っている。

 ちなみに、スキル上げの方法として「Arrowを作る」というのも試してみたけど、この方法は事前準備に相当時間がかかった。事前に大量にHardwood Billetを集めておけば、Power Hourの間に上げられるスキル量そのものは、Simple Bowで上げるよりも倍以上多いかもしれない。でも、Hardwood Billetを集めるという作業は、あまりにも時間がかかり、この方法を毎日実践するのは、健全なリアルライフを維持するうえでは、私には無理だな、と悟った。

 プレイ時間がありあまっている人は、事前準備を念入りにして、Power Hourを最大限に活かせるやり方を選択すればよいと思うし、私のようにプレイ時間効率が重要なら、Simple Bowで行けばよいのだろう。

 それにしてもBowcraftは、社会生活にまるで寄与しなくて、張り合いがない。誰からも感謝されないし、誰の生活も向上させないので、完全に道楽だ。そもそもスキルを上げたところで、自分自身ですらまだ高レベルな弓は撃てない。

 でも、「弓を作って弓を撃つ、森の狩人的キャラクター」にするのは、当初(というかプレイ数日後)からの計画だったし、私は設定したキャラに近づけることを目的にするタイプなので、なんとか頑張っていこう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。