R6S: 3週間経った

 R6Sをはじめて3週間が経過した。

 その間、ゲームプレイ可能時間のほぼすべてをR6Sにつぎ込んだ結果、レベルは50を超えてしまった。しかし依然としてプレイヤースキルはレベル10。困ったものだ。

 今週のトピックは、使用オペレーターの話と、新バージョンの話かな。

 レベル50まで攻撃オペレーターは、第一印象の見た目で選んだブリッツばかりを使用していた。こいつは盾を持って、ピストルで戦うという、ちょっと特殊なオペレーターなんだけど、そういう特殊性も含めて気に入ったので、使い続けてきた。基本的には、あくまでも見た目が第1の理由ではあるんだけどね。

 でも、やっぱりちょっと特殊なので、このままブリッツばかりでは、この先もっとレベルが上がっても、それにふさわしい普通のノウハウや戦術が身につかないのではないだろうか、という不安があった。ただでさえ、FPS経験が豊富とは言えないだけに、その不安は殊更だ。

 そこでレベル50になったのを機に、心機一転、違うオペレーターに浮気してみることにしたよ。

 レベル100くらいまでは、ブリッツを封印(するほどのもんでもないが)して、いろいろと目先を変えていくハラだ。

 そんなわけで、とりあえず2、3日ほど、テルミットとサッチャーをメインに遊んでみた。どちらも新鮮で楽しく、しばらく使い続けられそうな感触だった。

 テルミットはやっぱり見た目でチョイスしたオペレーター。カブトに丸眼鏡がキュートでいい。また、こいつには「壁を割れる」というチームワイドの有用性があるので、ピックに正義がある感じもいい。ただ同時に責任も重いので、いつも「誰もとらなかったらとる」としてる。渋々取った感を演出してる。誰もやらないからとったんだ、文句はあるめぇ、と。

 サッチャーは誰かがテルミットを取ったらとる枠。L85という武器が好きなのでチョイス。L85使いがハゲか爺しかいないというのは、本当に困ったゲームだ。ハゲよりは爺ってことでサッチャーにした。サッチャーはテルミットの補佐的イメージがあるので、テルミットに追随していくプレイをして、他人のテルミットの動きを学ぶという目的もあるかもしれない(いや、ない)。

 あとは何を使おうかな。ポイントは溜まってきているので、アンロックしてないオペレーターを開放することもできるけど、正直どいつもあんまり魅力がないんだよなぁ。主に見た目的な意味で、ね。カッコ悪いオペレーターを開放するより、気に入ったオペレーターのドレスアップをしたくなってしまう。そんな性分なのだ。

 使用オペレーターの話はそんなところだ。

 あとは新バージョンの話だけど、これは割と不満というか、ネガティブな反応が多いので、詳細に踏み込まずに、だらだらとぶちまけて終わろう。

 まず重くなった。ロードも少し重くなった気がするし、ラグスパイクも何度か来てる。ファベーラいまいち。私はよくわからないけどみんな嫌ってるので避けられ気味。飛行機と一緒に消えてヨシ。クラッシュ嫌い。なんだあのハゲ。どうしたらええねん。スタート画面のトーンが暗い。ヴィラのほうがきれいでよかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。