FO76: 3週目の活動録

 目新しいことはし終えて、長い(?)余生を楽しむ段階になったFallout 76。

 写真もなしで(2018.12.11写真追加。世紀末戦隊スコーチファイブ)、スコビクイーン討伐後の1週間でやったことや感じたことを、淡々と述べていこう。

 【1キャラ目】

 じわじわ成長して現在レベル100。ソロで冒険する分には問題ないスペックだけど、ブラストゾーンで光しデブに囲まれるだけで泣きたくなる程度の強さ。非力なため戦利品の運搬も大変で、快適さが足りない。これらすべてを克服している2キャラ目とは明暗くっきり。でも馬鹿な子ほどかわいいというか、こっちのほうが愛着はある。ツーショットウェスタンリボルバーをください。

 【2キャラ目】

 すくすくと成長して現在レベル58。メイン爪&サブライフルの遠近両用スタイル。初代よりだいぶ便利かつ強い。変異ガチャ対応スペックなんだけど、変異ガチャするのは面倒くさいので「やろうと思えばできるぞ」ってとこで満足している。現在もっている変異は鉤爪のみ。武器も変異も爪。そのうち有袋類の血清を打つ可能性が濃厚。ジャンプ力もつけばフライングバルセロナアタックも夢じゃない。ヒョー。

 【12/4のパッチ】

 スタッシュ容量が200増えた以外は、目を覆うばかりのひどいパッチだった。1番痛いのは、所持容量関連のバグ。お行儀よく装備を外してログアウトしないと、手ひどいお仕置きを受ける仕様に。今週のパッチで直るといいが・・・。

 【戦利品】

 相変わらず特にいいものも拾えず。強いかどうかはともかく、まだしも便利で面白かったのは、クアッドコンバットライフルかな。装弾数80でLMGのような制圧射撃ができる。スコビー戦で活きるヤツ。

 【被ばく】

 ログインした瞬間に降り立った自分のC.A.M.P.が、核ミサイルの爆心地だった。土台を残して家屋は消滅し、キャラクターもアパラチアの塵となった。爆笑した。

 【スコビクイーン再び】

 今回はサーバーのメンツに恵まれなかったのか、火力不足で逃がした。時間切れでミッション失敗。残念。そして、この敗戦の代償は大きく、すべてのスティムパックを使い切ったことにより、その後の冒険に多大なる支障をきたす羽目に。

 【大農園時代】

 現在12/4パッチのバグの影響で、C.A.M.P.に設置したものが増殖する、という現象が広く発生している。条件などはよく知らないものの、経験上「地面に直接置いた図面化されないもの」が増えてしまっているように見える。その結果、条件に当てはまるものの代表である、農作物が大量に増殖する傾向があり、数日前まで貧弱だった私のC.A.M.P.も、いまや一面の農作物に覆われる豊かさを見せている。コーンスープ飲み放題だ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。