日記: 4月1日(2019年)

 新しい元号が「令和」に決定した。

 私の予想は、ベタな部類だけど「永安」だったんだけどなー。

 でも、その後調べたら、「永安は過去の候補にあった」とか、「安の字は安倍首相への忖度感があるから採用されない」とか、ネガティブな情報が拾えたので、早々に自分の中でも不採用になってたけどね。
 
 それにしても完全にオリジナルで考えたつもりの「永安」が、予想ランキング上位だったうえに、過去の候補だったという事実は、かなり私にはショックだった。案外ありきたりな発想の人間だったんだな、私は・・・。

 令和の個人的な印象は、良し80%悪し20%というところだ。

 まず字面の雰囲気がいい。令和という字の並びは、平成に比べてエレガントな感じがする。こういう文字の印象というのは、かなり深く日本文化を学んでいないと外国人にはわからないだろうし、同じ漢字文化の中国人であっても日本人とは違う感じ方をするのかもしれない。でも大方の日本人には、共有されるものだと思う。

 音もレイというのがいい。レイはさわやかな印象のいい音だと思う。さわやかさが行き過ぎると冷や霊につながる冷たさを感じるけど、そこをワの音が和らげてくれる。音のバランスがいい。

 ネガティブな要素は、やっぱり「昭和に続いて、また和か」ということだ。

 これはちょっとつまらない。新しい文字が欲しかった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。